- Advertisement -

伊賀ドキの人 つながり大切に 松生和也さん(25)

 中里工務店(伊賀市緑ケ丘南町)で働く営業スタッフ。「お客さまの思いを大切に」を心掛け、顧客のライフスタイルに合った家づくりをサポートしている。

近大高専「名張祭」18日から20日

 名張市春日丘の近畿大学工業高等専門学校で10月18日から20日まで、恒例の学校祭「高専名張祭」が開かれる。入場無料。学生による模擬店や研究紹介、参加・体験型イベント、人気アーティストによるスペシャルライブなど、多種多様な催しを企画している。【ポスターを手に来場を呼び掛ける(左から)北さん、井上さん、紺谷さん=名張市春日丘の近大高専で】

避難訓練コンサート 3回目は「テロ対策」 11日に伊賀市で

 コンサートの最中に“何か”が起こったら、あなたはどうしますか? 「テロ対策避難訓練コンサート」が2月11日(月)午後1時30分から伊賀市西明寺の市文化会館さまざまホールで開かれる。入場無料。主催の伊賀市文化都市協会では参加者を募っている。

【てくてく歩記】伊賀市北西部をぐるっと一周10キロ 晩秋の島ヶ原

 身近な地域を記者が実際に歩いて巡る「てくてく歩記」。秋も終盤、赤や黄に染まりだした山々が目に入る時期になってきました。今回は、山に囲まれた伊賀市北西部の島ヶ原地区をぐるっと一周する約10キロのコースです。(取材・山岡博輝)【1枚目の写真 奥村の集落を抜け、山手を振り返る】

若い演奏家2人のデュオコンサート 10月6日 伊賀の史跡旧崇広堂で

 「ふるさと伊賀での演奏会は心が落ち着くし、今から楽しみ」と口をそろえるのはピアニストの桂眞優さん(25)とクラリネット奏者の福岡裕子さん(23)。10月6日午後3時半から伊賀市上野丸之内の史跡旧崇広堂である「若き二人の演奏家によるデュオコンサート?秋を彩る音楽の調べ?」に出演する。【リハーサルの合間に笑顔を見せる桂さん(右)と福岡さん=伊賀市東高倉で】

棚田で手入れ ハス30種 山添村・浦﨑さん

 山添村広代の浦﨑彰夫さん(67)が手入れしているハスの花が、棚田の休耕田に広がっている。【開花したハスを手にする浦﨑さん=山添村広代で】

フィリピンで出産支援 冨田さん講演 7日・いきいきで

 フィリピンで貧しい人向けに看護師兼助産師として活動する冨田江里子さんの講演会が、7月7日(日)午後2時から名張市蔵持町里の武道交流館いきいきで開かれる。【聴診器で現地の子どもを診察する冨田さん(左)(提供写真)】

伊賀ドキの人 チームワーク大切に 井谷祐哉さん(31)

171005_11.jpg 転勤族ならぬ"転職族"だったが、5年ほど前、縁あって伊賀の地へ。以来、伊賀市山神の谷石材で、石工職人として墓石の建立に汗を流す。【作業をする井谷さん=伊賀市山神で】

秋祭りで神楽披露 楽しく長く地域盛り上げる 伊賀市高尾

171103_11.jpg 祭りはまず自分たちが楽しまないと。この季節になると集結する、伊賀市高尾の下高尾地区で活動する「若宮八幡神社獅子舞保存会」のメンバーたち。11月4、5の両日にある秋祭りで披露する獅子神楽の練習に励んでいる。【練習に集まった保存会のメンバー。前列左が杉本君=伊賀市高尾で】

千本競演「あじさい祭り」 尺八や琴の演奏も

170622_11.jpg 名張市西田原の弥勒寺(岩本善雅住職)で6月25日(日)午前10時から午後5時まで「あじさい祭り」が開かれる。雨天決行。入場無料。【境内のアジサイ=名張市西田原で】