- Advertisement -

年賀状 新成人の自分へ 名張・桔梗が丘中の卒業生

 「あなたが夢に向けて努力していることを願っています」―。中学3年の授業で二十歳の自分宛てに書いた年賀状が、5年の歳月を経た今年の元旦、それぞれの手元に届き、新成人として踏み出した背中を押している。【年賀状を手に友人たちと記念撮影する岡村さん(右)と服部さん(左から3人目)=名張市で】

親子で学ぶサバイバル 参加者募る 曽爾村

 国立曽爾青少年自然の家(曽爾村太良路)は、3月7日(土)午後1時半から同所で開く1泊2日の体験会「親子でサバイバルinそに」の参加家族を募っている。

バルーンアートに愛情込めて 消防団活動きっかけに 伊賀市・近藤さん

 消防団活動で始めたバルーンアートが、なくてはならないライフワークに―。伊賀市緑ケ丘南町の近藤峰子さん(58)は、今年の成人式のために、2日がかりで縦横2・5メートルほどのバルーンアーチを仕上げ、会場入口に設置して新成人たちに喜ばれた。愛情を込めた作品の数々が生活の中にあふれている。【会場入り口のアーチを背に新成人を見守る近藤さん=伊賀市上野丸之内で】

家電デザイナーから陶芸の世界へ 名張・水杉さん

 「道具を作る、という共通点が理由の一つかも」。家電メーカーにデザイナーとして42年間勤め、定年後に陶芸の勉強を始めた名張市すずらん台の水杉幹治さん(67)は、地元の陶芸クラブの活動などで独創的な作品を生み出している。【クラゲのランプシェードは石膏型の作品=名張市すずらん台で】

近大高専 伊賀初・高専初の甲子園ならず 選抜高校野球

 3月19日に開幕する「第92回選抜高校野球大会」の「21世紀枠」が1月24日発表された。昨秋の三重県大会を制し東海地区推薦校となっていた近畿大学工業高等専門学校(名張市春日丘7)は選ばれず、伊賀地域の学校、また高等専門学校(高専)として初の甲子園出場はならなかった。【村田圭治校長から選考結果を告げられた野球部員たち=名張市春日丘7の近大高専で】〈YouTubeで動画を見る〉

副駅名は「ライフラインの上野ガス」 伊賀鉄道の茅町駅

 伊賀鉄道と伊賀市周辺でガス事業などを手掛ける上野ガスは1月24日、伊賀線茅町駅(同市上野茅町)の命名権で契約締結し、副駅名を「ライフラインの上野ガス」に決まったと発表した。28日に除幕式がある。【副駅名が「ライフラインの上野ガス」に決まった伊賀鉄道の茅町駅=伊賀市上野茅町】

認知症正しく知ろう 26日に名張で講演会

 講演会「認知症を正しく知ろう~本人と家族の思い~」が1月26日(日)午前10時から、名張市上八町の名張市民センター2階集会室で開かれる。参加無料。

老健「ゆりの里」閉所へ 名張市立病院に併設

 名張市は1月23日、市立病院に併設する介護老人保健施設「ゆりの里」(百合が丘西1)を閉所する方針を市議会全員協議会で明らかにした。時期は今年夏ごろの予定で、当面は利用者へのサービスを継続しながら、受け入れ先の調整を進める。【介護老人保健施設「ゆりの里」(手前)と名張市立病院(奥)=名張市百合が丘西1】

7選手が新加入 タイトル獲得目指す 伊賀FCくノ一三重

 女子サッカー・なでしこリーグ1部の伊賀FCくノ一三重が新メンバー7人を発表した。昨季は7勝6分5敗の10チーム中4位で、今シーズンはタイトル獲得を目指し、既に全体練習を再開している。【会見に出席した新加入の(前列左から)東、渡邊、清水、(後列左から)村上、西浦、米川の6選手=伊賀市で】

挑戦「伊賀学検定」 2月16日実施

 伊賀市の上野商工会議所は、15回目の「伊賀学検定」を2月16日に同市上野丸之内のハイトピア伊賀5階と東京都中央区のユイト・アネックスで実施する。申し込みは同月3日まで。【受験を呼び掛ける上野商議所の職員】