26.1 C
Nabari
2022. 07 / 07 (木)
- Advertisement -

名張市長選、違反取締本部を設置 名張署

 三重県警名張署は3月10日、任期満了に伴う名張市長選挙(4月10日告示、17日投開票)の違反取締本部を設置した。署員約100人態勢で取り締まりに当たる。

高校総体少林寺拳法 三重上野道院 「2人で入賞」目標に

 7月24日から8月24日まで、北信越地方で全国高校総体(インターハイ)が開かれる。昨年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止となったが、今年は無観客での開催に。三重県の伊賀地域の学校や道場から出場する選手たちに、目前に迫った大舞台への意気込みを聞いた。

副市長に県職員の中村氏 名張市

 三重県名張市は市議会6月定例会最終日の27日、4月から空席だった副市長に、県デジタル戦略企画課長補佐兼班長の中村岳彦氏(50)=津市=を起用する人事案を提出し、市議会は全会一致で同意した。

新酒の季節到来 若戎酒造で初搾り式 伊賀市

171117_11.jpg 今シーズンの純米吟醸「義左衛門」の販売解禁に合わせ、販売元の若戎酒造(伊賀市阿保)で11月16日、新酒の最初の搾り作業を記念する「初搾り式」があった。【造り手の皆さん=伊賀市阿保で】

好評地元愛あふれる新刊 「貴族探偵」原作ミステリ作家 麻耶雄嵩さん

 独特の作風で多くのファンから愛されている、伊賀市出身のミステリ作家、麻耶雄嵩さん(49)=写真。今春発売された新刊「友達以上探偵未満」(KADOKAWA)は伊賀を舞台にした連作で、地元愛あふれる物語が好評だ。【ミステリ作家の麻耶雄嵩さん(提供写真)】

水彩画「日々の張り合いに」 伊賀市のスケッチ教室

 伊賀市桐ケ丘で2年前から活動する水彩画教室「暮らしを彩る趣味のスケッチ教室」では、同地区在住の60、70代の男女12人が、風景画や人物画、絵手紙や絵馬作りなど、さまざまな作品を仕上げるべく絵筆を握っている。【活動の様子=伊賀市桐ケ丘3で(2月中旬撮影)】

テロ対策で合同訓練  伊賀市の上野市駅で

180123_5.jpg
 伊賀鉄道の上野市駅(伊賀市上野丸之内)構内で1月23日、テロ対策合同訓練があった。伊勢志摩サミット開催に向け組織した伊賀署管内の23機関・団体で構成する官民組織の「テロ対策伊賀パートナーシップ」による取り組みで、約70人が参加した。【訓練で不審物を特殊車両に運ぶ県警機動隊員=伊賀市で】


インフルエンザ 2小1園で学年・学級閉鎖 伊賀・名張

 伊賀地域の小学校2校、幼稚園1園が1月15日、学年・学級閉鎖の措置を取った。伊賀・名張両市教育委員会などが発表した。

鈴鹿市の30代会社員女性が感染 新型コロナ

 三重県は7月30日、鈴鹿市の30代会社員女性の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。県発表の感染者は延べ91人になった。

インフルエンザ 富貴の森こども園で登園自粛 名張市

 名張市保育幼稚園室は3月14日、インフルエンザの影響で、市内の富貴の森こども園の5歳児1クラスで登園自粛を呼び掛けたと発表した。

- Advertisement -
- Advertisement -