26.8 C
Nabari
2019. 08 / 19 (月)
- Advertisement -

東海小学生陸上 名張市の2人が出場

 8月24日に伊勢市で開かれる「東海小学生陸上競技大会」に出場する2人が、名張市役所に亀井利克市長を表敬訪問し、大会での活躍を誓った。【活躍を誓う竹下君(左)と安岡君=名張市役所で】

国際少年野球大会に出場 名張市の結城君

 8月17日から19日までの2日間、岡山県で開催される「第12回倉敷国際少年野球大会」に中日本ブロック選抜メンバーとして出場する、名張市立赤目中学校3年生の結城虎之介君(15)(同市南百合が丘)が13日に、亀井利克市長を表敬訪問し、大会での意気込みを語った。【活躍を誓う結城君=名張市役所で】

台風10号 避難所1か所開設 伊賀市

 伊賀市の災害対策本部は8月15日、台風10号の接近で市内一部の2160世帯、4748人を対象に警戒レベル3の防災情報「避難準備・高齢者等避難開始」を発令し、避難場所1か所を開設した。

台風接近で中止 15日のふるさと夏まつり 伊賀市

 台風10号の接近で8月15日に予定していた伊賀市平田の大山田せせらぎ公園などが会場の「大山田ふるさと夏まつり」を中止すると、実行委員会事務局が13日発表した。創作・打ち上げ花火は16日午後8時に順延する。

 問い合わせは同実行委事務局(山田地区市民センター=0595・47・1777)まで。

ホッケー場がオープン 名張市百合が丘

 2021年に開催される三重とこわか国体の正式競技、ホッケーの試合会場となる「名張市民ホッケー場」(同市百合が丘西5)が完成し、8月10日にオープニングセレモニーが開かれた。【セレモニーのテープカット=名張市百合が丘西5で】

入口の場所 音で知らせる装置 名張市の3施設に

 名張市は視覚障害のある人に音で建物入口の場所を知らせる「盲導鈴」を市役所(鴻之台1)、市立病院(百合が丘西1)、市総合福祉センターふれあい(丸之内)の3施設に設置する。ふれあいで8月9日、工事があった。【名張市総合福祉センターふれあいの正面玄関に設置された盲導鈴=名張市丸之内】

商店街をつなぐ風鈴 伊賀市・中之立町通り

 伊賀市上野中町から上野愛宕町までつながる中之立町通りで店を構える商店の団体「七福神商店会」。同会に所属する商店が、訪れた人に楽しんでもらおうと、それぞれの店先に風鈴を飾った。【風鈴を取り付ける久保田さん=伊賀市上野紺屋町で】

9月の実施体制発表 伊賀地域の2次救急

 伊賀・名張両市は8月8日、伊賀市立上野総合市民と名張市立、民間の岡波総合(伊賀市上野桑町)の3病院による9月の時間外2次救急実施体制を発表した。

署員の家族が職場見学 名張署

 名張署で8月6日、署員の家族を対象にした職場見学会があった。参加した子どもたちは鑑識作業やパトカー乗車体験など、夏休みの1日を楽しそうに過ごした。【指紋を浮かび上がらせる鑑識の作業を体験する子どもたちと家族=名張市蔵持町芝出で】

白鳳梨の出荷始まる 伊賀市羽根で

 伊賀市の特産品「白鳳梨」の本格的な出荷が8月5日、同市羽根にある白鳳梨生産組合の選果場で始まった。今年は「幸水」「豊水」の2品種計約300トンの収穫を見込んでいる。【集荷した白鳳梨を大きさなどで選果する組合員ら=伊賀市羽根で】