- Advertisement -

【続報】四日市市の企業で新たなクラスター 伊賀市1人含む三重県内34人感染

 三重県は7月29日、伊賀市の20代会社員男性1人を含む県内男女34人(四日市市発表分10人含む)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。すでに従業員6人の感染が判明していた四日市市の企業では、新たに3人が陽性となり、県内86事例目のクラスター(感染者集団)に認定された。県内の感染者は延べ5685人となった。

10歳未満の小学生から70代の男女10人が新型コロナ感染 四日市市

 四日市市は7月29日、市内に住む10歳未満の小学生から70代の男女10人が、新型コロナに感染していることが新たに判明したと発表した。市内の感染者は延べ1263人、三重県内は延べ5661人となっている。

渋沢に学ぶ「お金」 小学校などに絵本寄贈 伊賀・上野商議所青年部

 子どもたちにお金の役割や歴史、価値などを学んでもらおうと、日本商工会議所青年部が企画・編集した絵本「おかねってなぁに?」(40ページ)を、三重県伊賀市の上野商工会議所青年部が7月26日、同市へ30冊寄贈した。市内19の小学校などで役立てられる予定。

デルタ株新たに男女7人判明 三重県

 三重県は7月28日、新型コロナウイルス感染者の変異株検査で、新たに男女7人がインド由来の変異株「デルタ株」に感染していたことが判明したと発表した。いずれも7月上旬から下旬の公表分の患者で、県内のデルタ株の感染者は計11人となった。

【続報】三重県37人感染 伊賀1人名張2人 新型コロナ

 三重県は7月28日、伊賀市1人、名張市2人を含む男女37人(四日市市発表分含む)の新型コロナウイルス感染が県内で確認されたと発表した。37人の感染確認は、5月29日以来60日ぶりの多さ。県内の感染者は延べ5651人となった。

市立四日市病院の看護師が感染 四日市市で男女6人 新型コロナ

四日市市は7月28日、市内に住む20代から40代の男女6人が、新型コロナに感染していることが新たに判明したと発表した。市内の感染者は延べ1253人、三重県内は延べ5621人となっている。

パーマ技術競う全国大会で優勝 あけぼの学園高の伊東さん 伊賀

 パーマ技術を競う「第30回ワインディングコンテスト全国大会」のスクール部門で優勝した三重県立あけぼの学園高3年の伊東暖華さん(17)が7月27日、地元の伊賀市役所を訪れ結果報告した。

【続報】伊賀市の1人含む三重県内21人感染 四日市市の飲食店で新たなクラスター

 三重県は7月27日、伊賀市の40代会社員女性1人を含む県内男女21人(四日市市発表分9人含む)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。すでに4人の感染が確認されていた四日市市の飲食店では、新たに利用客1人の陽性が判明し、県内85事例目のクラスター(感染者集団)に認定された。県内の感染者は延べ5614人となった。

元伊賀町議の奥さん死去 94歳

 旧伊賀町の町議会議員を務めた伊賀市山畑の奥千比古(おく・ちひこ)さんが7月26日、市内の病院で亡くなった。94歳。

鬼・だんじり2年連続中止 土日に展示や演奏 伊賀・上野天神祭

 三重県伊賀市の秋の伝統行事「上野天神祭」の地域振興実行委員会(会長=岡本栄伊賀市長)は7月26日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今年の鬼行列・だんじり巡行を中止すると発表した。見物客らの感染防止対策が極めて困難なことなどから昨年も開催を断念しており、巡行中止は2年連続となる。

- Advertisement -