- Advertisement -

近大高専 伊賀初・高専初の甲子園ならず 選抜高校野球

 3月19日に開幕する「第92回選抜高校野球大会」の「21世紀枠」が1月24日発表された。昨秋の三重県大会を制し東海地区推薦校となっていた近畿大学工業高等専門学校(名張市春日丘7)は選ばれず、伊賀地域の学校、また高等専門学校(高専)として初の甲子園出場はならなかった。【村田圭治校長から選考結果を告げられた野球部員たち=名張市春日丘7の近大高専で】〈YouTubeで動画を見る〉

副駅名は「ライフラインの上野ガス」 伊賀鉄道の茅町駅

 伊賀鉄道と伊賀市周辺でガス事業などを手掛ける上野ガスは1月24日、伊賀線茅町駅(同市上野茅町)の命名権で契約締結し、副駅名を「ライフラインの上野ガス」に決まったと発表した。28日に除幕式がある。【副駅名が「ライフラインの上野ガス」に決まった伊賀鉄道の茅町駅=伊賀市上野茅町】

老健「ゆりの里」閉所へ 名張市立病院に併設

 名張市は1月23日、市立病院に併設する介護老人保健施設「ゆりの里」(百合が丘西1)を閉所する方針を市議会全員協議会で明らかにした。時期は今年夏ごろの予定で、当面は利用者へのサービスを継続しながら、受け入れ先の調整を進める。【介護老人保健施設「ゆりの里」(手前)と名張市立病院(奥)=名張市百合が丘西1】

首里城再建の募金呼び掛け 名張高生徒会

 県立名張高校(名張市東町)の生徒会は1月21日、近鉄名張駅前で沖縄の首里城再建で募金を呼び掛けた。【首里城のイラストを手に、募金を呼び掛ける生徒会役員たち=名張市平尾で】

岡八幡宮で初みそぎ 伊賀市白樫

 伊賀市白樫の岡八幡宮(大井貞夫宮司)で1月22日、「初みそぎ」があった。市内はこの日、今季最低の零下1・9度を記録し、下帯姿や白装束の男女14人は身を切るような冷たさのなか、1年の無事などを願った。【滝に打たれる参加者の男性=伊賀市白樫で】

お年寄りに巾着贈る 名張高生が手作り

 県立名張高校(名張市東町)の3年生が1月21日、近くの介護老人保健施設「ふくにし」を訪問し60代から90代の利用者27人に手作りの巾着袋を贈った。【高齢者に巾着袋を手渡す生徒ら=名張市東町で】

インフルエンザ 小学校2校で学級、学年閉鎖 伊賀市

 伊賀市教育委員会は1月21日、インフルエンザの影響で府中小の2年(39人)と5年(38人)、6年(37人)が学年閉鎖、友生小の4年(1クラス29人)と5年(1クラス33人)が学級閉鎖したと発表した。

インフルエンザ 小中4校で学級閉鎖 名張市

 名張市教育委員会は1月20日、インフルエンザの影響で桔梗が丘小1年(2クラス47人)と2年(1クラス29人)、名張小5年(1クラス24人)、美旗小1年(1クラス29人)、南中1年(1クラス35人)が学級閉鎖したと発表した。

下條選手が退団 伊賀FCくノ一三重

 女子サッカー・なでしこリーグ1部の伊賀FCくノ一三重は、MF下條彩選手(27)の退団を発表した。移籍先は未定。

祈り込め「鬼」射抜く 名張・正八幡宮の弓引き祭

 名張市八幡の正八幡宮で1月19日、約400年前に始まったとされる伝統の「弓引き祭」があった。地区住民10人が、「鬼」と墨書された約20メートル先の的に当たるまで次々と矢を放ち、無病息災や五穀豊穣を祈った。【(左写真)狙いを定め、矢を射る参加者。(右写真)射抜かれた「鬼」の的=名張市八幡で】