- Advertisement -

ニュージーランド出身のザビエルさん着任 名張市初の国際交流員

 三重県名張市で初の国際交流員にニュージーランド出身のフルグリーナス・ザビエルさん(28)が着任し、市役所で5月22日、辞令交付式があった。ザビエルさんは「名張の自然を歩いて体験し、魅力を伝えたい」と抱負を語った。

テロ対策合同訓練に50人参加 伊賀鉄道上野市駅で

 三重県の伊賀鉄道上野市駅車庫で5月22日、テロ対策合同訓練があり、鉄道職員や市消防本部の職員、伊賀警察署員ら約50人が参加した。

動画で発信、名張市旧町の魅力や課題 建築学ぶ学生 近大高専で発表会

 三重県名張市の近畿大工業高等専門学校(春日丘7)で建築を学ぶ学生たちが、同市の旧市街地(旧町)の魅力や課題を見出して制作した動画の発表会が5月20日、同高専で開かれた。

特殊詐欺防ぐ 銀行とコンビニに感謝状 名張署

 三重県警名張署は5月20日、店頭での声掛けによって特殊詐欺の被害を未然に防いだとして、嶋田敏署長が南都銀行名張支店(名張市元町)とセブインイレブン名張蔵持町原出西店(同市蔵持町原出)に感謝状を贈った。

くノ一逆転負け ホームで静岡に1‐3 なでしこ1部

 女子サッカー・なでしこリーグ1部の伊賀FCくノ一三重は5月19日、伊賀市小田町の上野運動公園競技場で静岡SSUボニータと対戦し、1‐3で逆転負けした。10節終了時の通算戦績は3勝1分6敗で、順位は前節から1つ下げ、12チーム中8位に後退した。

人間国宝の作品も 伊賀名張で工芸美術展 藤堂家邸跡が初めて会場に

 京都を中心に活動している工芸美術作家の作品を紹介する「京都工芸美術作家協会展in伊賀2024」(伊賀市文化都市協会など主催)が6月2日まで、三重県伊賀地域にある歴史的な4つの建物で開かれている。2021年以来2度目の開催で、伊賀市の3会場に加え、今回初めて名張市の会場が加わっている。

フィリピンの中高生が名張市を訪問 忍者姿で赤目滝の自然など満喫

 フィリピンのパーペチュアルヘルプ大学付属中学・高校の生徒と学校関係者計約20人が5月17日、教育旅行で三重県名張市を訪問した。

アユの稚魚450キロ放流 釣り6月22日解禁 名張川漁協

 三重県名張市内を流れる名張川で5月16日、名張川漁業協同組合がアユの稚魚約450キロを放流した。アユ釣りの解禁は6月22日。

元U19韓国代表が加入 高麗大DFノ・ヘヨン選手 くノ一三重

 女子サッカー・なでしこリーグ1部の伊賀FCくノ一三重は5月16日、元U19韓国代表で高麗大のDFノ・ヘヨン選手(22)が新加入すると発表した。

広さ1万平米の施設が2円 製薬会社が名張市に売却へ

市は近大に無償譲渡の方針

 三重県名張市は5月15日、田辺三菱製薬(本社・大阪市)から借り上げて近畿大学工業高等専門学校(名張市春日丘7)の学生寮として同大学に有償で貸与してきた施設(同市百合が丘西6)について、土地と建物を計2円で同社から買い取ると発表した。買い取った後は、同大学に無償で譲渡する方針。

- Advertisement -
- Advertisement -