- Advertisement -

白山が初優勝 名張出身選手も活躍 高校野球三重大会

 全国高校野球選手権三重大会の決勝戦が7月25日、四日市市営霞ヶ浦球場で行われ、59年ぶり3回目の優勝を目指す松阪商と、1959年の創立以来初の甲子園を目指す白山が対戦。2点を先制した白山が中盤にビッグイニングを作り、8‐2で初優勝を果たした。【9回裏、松阪商の最後の打者を打ち取り、マウンドへ駆け出す白山の一塁手・有森君=四日市市羽津で】

名張川納涼花火大会 28日に順延 台風6号接近で

 名張川納涼花火大会実行委員会は7月26日午後6時、27日に予定していた花火大会を28日に順延すると発表した。

MEGAドン・キホーテUNYが開店 名張市下比奈知

 旧アピタ名張店(名張市下比奈知)の改装が終わり、ディスカウント店「MEGAドン・キホーテUNY名張店」が9月3日、オープンした。この日は開店前から約150人の列ができ、午前8時前のオープニングセレモニーでは店舗や地元行政関係者らが開店を祝った。【食料品売り場前でテープカットする関係者たち=名張市下比奈知で】

名張川納涼花火大会順延に 台風12号接近で

 名張川納涼花火大会実行委員会は7月27日、28日に予定していた「2018名張川納涼花火大会」を29日に順延すると発表した。29日の開催についても28日午前中に判断するという。

「バスケットで地域を元気に」プロ目指すチーム発足 名張市

 日本プロバスケットボールのトップリーグ「Bリーグ」への参入を目指す名張市の市民チーム「RAMPOLE(ランポーレ)名張」の発足会見が9月9日、市内で開かれた。Bリーグのチームでプレー経験のある地元出身選手を核にチームを組織し、下部の地域リーグで来春からの参戦を目指す。【会見に出席した(左から)船尾選手、亀井さん、長瀬さん、北森選手=名張市南町で】

名張出身2選手「甲子園での試合楽しみ」 高校野球・白山高

 8月5日に開幕する「第100回全国高校野球選手権記念大会」に三重県代表として初出場する白山高校(津市)から、3年の有森紫苑君(17)(名張市百合が丘西)、神野真志君(17)(同桔梗が丘5)が1日、同市を表敬訪問し、大会での活躍を誓った。【大会を控え意気込む有森君(左)と神野君=名張市役所で】

熊らしき目撃情報 伊賀市が注意喚起

 10月23日午前11時30分ごろ、伊賀市高尾に住む70代女性が県道老ヶ野古田青山線の桜峠付近を車で走行中、熊らしき動物を見たと同地区市民センターを通じて市に連絡があった。25日に市が発表した。情報提供を受け、市は地区内にある尼ケ岳登山道入口など2か所に注意喚起の紙を貼り、目撃現場には夜間撮影ができる定点カメラを2台設置した。【熊らしき動物を監視する定点カメラを設置した目撃現場(伊賀市提供)】

高校野球三重大会の組み合わせ決定 伊賀地域から6校出場

 7月11日に開幕する第101回全国高校野球選手権三重大会(三重県高校野球連盟、朝日新聞社主催)の組み合わせ抽選会が6月25日開かれ、伊賀地域の6校を含む出場62校の対戦カードが決まった。【抽選会でくじを引く伊賀地域各校の主将たち=津市一身田上津部田で】

箕曲中村地区に避難勧告 名張市

 名張市は10月12日午後1時30分、台風19号の影響で宇陀川に氾濫の危険性が高まったとして、箕曲中村地区の44世帯45人に避難勧告を発令した。 【名張川にかかる名張大橋付近の午後1時の状況=名張市黒田で】

木津川が氾濫危険水位 伊賀市の神戸地区で避難勧告 名張川も注意水位到達

 大型で非常に強い台風19号の接近で大雨、洪水、暴風警報が出ている伊賀市では午後0時50分、木津川の水位が比土観測所(同市比土)で氾濫危険水位に達したため神戸地区(上神戸、上林、古郡、比土)を対象に警戒レベル4の「避難勧告」を発令した。