8.3 C
NABARI
2018. 12 / 15 (土)

10月末までの生活保護受給世帯は414世帯 名張市

 名張市議会12月定例会は12日、補正予算などの質疑があり、約4000万円の補正予算が計上された生活保護費などについて質問がされた。【幼児教育無償化について答弁する亀井市長=名張市鴻之台1で】

入札後に事務ミス発覚 工事の契約解除 伊賀市

 伊賀市は12月11日、橋梁修繕工事の一般競争入札後に事務の誤りが発覚し、落札した業者と契約を解除したと発表した。

一般質問最終日 中学校給食実施の質疑 名張市議会

 名張市議会12月定例会一般質問最終日の11日、日本共産党の三原淳子議員が、中学校給食の実現に向けた質問をした。実施するにあたって、自校方式かセンター方式かなど、その提供方法について注目されている。【中学校給食実施について答弁する髙嶋教育次長=名張市役所で】

12月議会一般質問 2日目 保育料無償化を問う 名張市

 名張の12月議会の一般質問は10日 に2日目を迎え、公明党の富田真由美議員、自由クラブの山下登議員、 心風会の荊原広樹議員の3人が登壇した。荊原議員は内閣府が方針を示す「保育・幼児教育の無償化」につ いて亀井利克市長に質問した。

伊賀鉄道の障害者運賃割引 伊賀市が一部助成で調整

 伊賀市議会12月定例会の一般質問3日目があった10日、市は公有民営方式の伊賀鉄道に単独乗車する障害者の運賃について、福祉施策として助成事業を拡大する方向で同鉄道と調整していると説明した。時期は来年4月からを目指しているという。

冬のボーナス 総額7億円を支給 名張市

 名張市は12月10日、職員ら867人に冬のボーナスを支給する。支給総額は昨年同期比1859万856円(2・55%)増の7億942万990円だった。

一般質問7日から 9人が質問 名張市議会

 名張市市議会12月定例会の一般質問が7、10、11日の3日間行われる。質問議員は9人。

名張市議会定例会開会 20日まで

 名張市議会は12月4日開会し、補正予算案4件と、条例議案2件、一般議案3件が上程された。一般会計補正予算は約3億7000万円の増額案。また、会期も20日までの17日間で決定した。【議案について説明する亀井市長=名張鴻之台1で】

定例会明日4日から 名張市議会

 名張市議会の12月定例会が12月4日に開会する。会期は20日までの17日間。一般質問は土日を挟んで、7から11日にある。

一般質問に18人 伊賀市議会 6日から

 伊賀市議会事務局は11月30日、12月定例会で一般質問する通告者18人を発表した。日程は6、7日と10、11日の4日間。