- Advertisement -

5階を地域包括ケア病棟へ 来年4月に転換 名張市立病院

 名張市立病院(200床)は、来年4月から病棟5階の41床を術後の患者が在宅復帰に向けリハビリなどを行う「地域包括ケア病棟」に転換する方針を明らかにした。12月9日の市議会一般質問で、亀井利克市長が答弁した。【最上階の5階を地域包括ケア病棟に転換する名張市立病院=名張市百合が丘西1】

入札資格停止 データ改ざんの2社 伊賀南部環境衛生組合

 名張市と伊賀市青山地区のごみ処理施設「伊賀南部クリーンセンター」(伊賀市奥鹿野) を運営する伊賀南部環境衛生組合は12月6日、同センターの排ガス濃度データが改ざんされていた問題で、メーカーの三機工業中部支社(名古屋市)を3か月、運転を委託する三機化工建設(東京都中央区)を5か月の入札参加資格停止にしたと発表した。期間は同日から。【伊賀南部クリーンセンター=伊賀市奥鹿野】

10日に冬のボーナス 総額6・9億円支給 名張市

 名張市は12月10日に冬のボーナスを支給する。対象は昨年度比10人減の857人で、総額は3591万円(4・95%)減の6億9030万円。

10日に冬ボーナス支給 総額10・2億円 伊賀市

 伊賀市は12月10日に冬のボーナスを支給する。対象は1283人で昨年度より10人増えたが、総額は2048万円(1・96%)減額の10億2595万円になった。

一般質問に9人 9日から 名張市議会

 名張市議会事務局は5日、12月定例会の一般質問通告者9人を発表した。日程は9日から11日の3日間。

 発言者の順番と質問の要旨は次の通り。敬称略。

災害時のボランティア センター運営で協定 名張市と市内3団体

 名張市と市社会福祉協議会、名張青年会議所(JC)、名張商工会議所青年部(YEG)は12月5日、災害時のボランティアセンター運営で協力体制を作る協定を締結した。【協定書を交わした(左から)奥村会長、亀井市長、新谷理事長、川嶋会長=名張市役所で】

12月定例会が開会 名張市議会

 名張市議会12月定例会は初日の4日、市が3億3923万円の一般会計補正予算案など計20議案を提出した。会期は20日までの17日間。

一般質問に16人 9日から 伊賀市議会

 伊賀市議会事務局は3日、12月定例会の一般質問通告者16人を発表した。日程は9日から11日の3日間。

補正予算3・4億円 12月定例会に提案 名張市

 名張市は11月27日、市議会12月定例会に提案する一般会計補正予算3億3923万円など計20議案を発表した。【補正予算案について説明する亀井市長=名張市役所で】

12月定例会が告示 2日開会 伊賀市議会

 伊賀市議会12月定例会が11月25日告示され、会期は12月2日からの24日間に決まった。市は開会日の2日に補正予算8件を含む44議案を提出する。