- Advertisement -

4月の人事異動435人 伊賀市

伊賀市は3月26日、2018年度の定期人事異動を発表した。組織や機構の変更などを除く異動総人数は昨年度とほぼ同規模の435人で、発令は4月1日付。【部長級に昇任した(上段左から)山本総務部理事、百田財務部長、田中人権生活環境部長、高木同部理事、(下段左から)田中健康福祉部長、山本建設部長、谷口教育委員会事務局副教育長の7人】

現職の亀井氏が5選 名張市長選

 名張市長選挙は4月15日投票、即日開票され、現職の亀井利克氏(66)=無所属=が、新人で元県議の北川裕之氏(59)=同=と新人で元市議の森脇和徳氏(44)=同=を破り、5選を果たした。得票数は亀井氏が1万3795票、北川氏が1万2829票、森脇氏が7106票、無効票は215票だった。【支援者らとともに5選を喜ぶ亀井氏(左から2人目)=名張市鴻之台1で】

4月の人事異動359人 伊賀市

 伊賀市は3月25日、2019年度の人事異動を発表した。対象人数は組織や機構の変更などを除いて昨年度よりも76人少ない359人で、異動の規模は伊賀市合併後で過去最少になった。発令は4月1日付。【(左から)東・新産業振興部長と中森新消防長、上野総合市民病院の田中新院長=伊賀市提供】

18人の顔ぶれ決まる 名張市議選

 任期満了に伴う名張市議選(定数18)の投票が8月26日投開票され、新たな議員の顔ぶれが決まった。【開票結果は特設ページへ】

中心市街地のスーパー 9月末で閉店へ 伊賀市が誘致

 伊賀市は9月11日、市有施設の上野ふれあいプラザ(上野中町)1階に入居していた「スーパーヤオヒコ上野店」が今月末で閉店すると説明した。同店は2011年6月に開業。中心市街地に住む高齢者らの買い物先だった別のスーパーが撤退することを受け、市が後継店として誘致した。【9月末閉店のスーパーヤオヒコ上野店が入る上野ふれあいプラザ=伊賀市】

職務中の交通死亡事故 市職員を休職の分限処分 伊賀市

 伊賀市内の国道で昨年4月に交通死亡事故を起こしたとして津地検伊賀支部が自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死)で起訴した同市教育委員会事務局文化財課の職員、松岡由樹被告(52)に対し、市は8月5日、地方公務員法に基づく休職の分限処分と総務部人事課付にする人事異動を発令したと発表した。

4月の人事異動315人 名張市

 名張市は3月27日、2019年度の人事異動を発表した。伊賀南部環境衛生組合も含めた異動規模は315人と例年並み。21年の「三重とこわか国体」を見据え、教育委員会国体準備室を国体推進室に改称し配置を増やした他、今年3月8日に国の事業として登録された「名張かわまちづくり」計画などの重要施策の推進を考慮した職員配置とした。発令は4月1日付。【部長級の異動対象者9人(市提供)】

人事異動 防災担当監、墓園復旧理事を新設 名張市

名張市は3月26日、4月1日付の人事異動を発表した。市長選を控え、退職者分の補充や新規採用など、年度初めの最低限の異動となり、対象者は211人で、伊賀南部環境衛生組合は2人が異動する。【部長級の異動対象者6人(市提供)】

県議選 当選者決まる 伊賀・名張市選挙区

 三重県議会議員選挙が4月7日投開票され、4人が立候補した伊賀市選挙区(定数3)は元職の森野真治氏、現職の稲森稔尚氏と木津直樹氏、3人が立候補し16年ぶりの選挙戦となった名張市選挙区(定数2)は元職の北川裕之氏、現職の中森博文氏の当選が決まった。

投票率は51・69% 開票始まる 名張市長選

 名張市長選挙の開票作業が15日午後9時20分から、同市市夏見のHOS名張アリーナで始まった。市選管によると、確定投票率は前回市長選挙より9・69ポイント高い51・69%だった。