8.3 C
NABARI
2018. 12 / 15 (土)

「てくてくさんぽ2」 石川さんの絵画展 12月6日まで

 名張市桔梗が丘4番町の画家、石川勉さん(82)の絵画展「てくてくさんぽ2―いろいろ歩いてみたら―」が、11月30日から12月6日まで、同市新田の「カフェ&ギャラリーほっぷ」で開かれている。【来場を呼び掛ける石川さん】

伊賀ドキの人 好きな機械いじり 先輩の背中追う 佐藤裕太さん(23)

 名張市東田原の「ジェームス名張街道店」のピットスタッフ。顧客の車を預かり、メンテナンスに汗を流す。「お客さまの車を大切に」を一番に心掛けている。【メンテナンスを行う佐藤さん=名張市東田原で】

【てくてく歩記】名張と山添 2つの「鵜山」を巡る

 酷暑や台風など、ウォーキングに適さないタイミングもあったため、約半年ぶりとなります。今回は、名張市と山添村にある、隣り合った2つの「鵜山」地区を巡る約5・5キロのコースです。(取材・山岡博輝)【写真1枚目・山添村鵜山の集落を坂の下から望む】

攻守支えた移籍加入選手

 なでしこリーグ1部に1年で返り咲いた女子サッカー・伊賀FCくノ一。攻守それぞれのキーマンとして2部優勝を支えた、移籍加入選手のチャレンジを振り返る。〈第3回〉

11月24日開催 夏中止の名張川花火大会

 夏に中止となった名張川花火大会(名張川納涼花火大会実行委員会主催)が、11月24日(土)午後7時から開かれる。【昨年夏に行われた花火大会の様子(名張市観光協会提供)】

終末期見つめる新刊小説を出版 寺田病院院長・板野聡さん

 終末期の医療はどうあるべきか。名張市夏見の寺田病院で院長を務める板野聡さん(65)がこのほど新刊小説「看取り請負人―死なせ屋ゴンがゆく」をルネッサンス・アイから出版した。【出版した本を手にする板野さん】

週末だけ開店 夫婦の古本屋 伊賀市音羽・三歩書店

 伊賀市音羽で週末だけ開店する古本屋「三歩書店」がある。吉住慶男さん(65)、芳子さん(64)夫妻が本業の傍ら自宅で営んでおり、SNSなどで噂を聞きつけた古本ファンが県内外から訪れている。【店を始めた経緯などを話す吉住さん(左)と芳子さん=伊賀市音羽で】

海を渡るチョウ アサギマダラ飛来 宇陀市・名張市に

 「庭の鉢を見ると、チョウのようなものが……。アサギマダラだ!」宇陀市榛原天満台東の澤田雄三さん(76)方に咲く1鉢のフジバカマの花に、海を渡るチョウ・アサギマダラが1匹飛来。興奮の中、思いがけない来訪者を撮影した。【花の蜜を吸うアサギマダラ(澤田さん撮影)】

伊賀ドキの人 自分の言葉で指導 川端康功さん(20)

 ウエストスポーツクラブ佐那具校(伊賀市佐那具町)に所属する、ジュニアスイミングや成人の指導員。働き始めて半年、「自分の感覚を言葉で伝えるのは想像以上に難しい」と、日々奮闘する毎日だ。【指導する川端さん=伊賀市佐那具町で】

映画文化残したい 「なばり名画座」 11月23日adsホールで

 映画文化を残していきたいと、2011年からなばり名画座実行委員会が主催する「なばり名画座」が、11月23日午後2時から名張市松崎町のadsホールで開かれる。入場料は500円で、全席自由。【ポスターを手に来場を呼び掛ける的場委員長=名張市鴻之台1で】