29.4 C
Nabari
2019. 06 / 26 (水)
- Advertisement -

ワニがいたゾウもいた 柘植歴民館で企画展

 伊賀市柘植町の柘植歴史民俗資料館で、企画展「ワニがいたゾウもいた360万年前の伊賀」が7月7日まで開かれている。午前9時から午後4時半まで。月曜休館。入場無料。【館内の展示の様子=伊賀市柘植町で】

夫婦で熱中 オフロードの魅力 名張・浅田さん

 「大人の泥んこ遊びみたいで楽しい。わくわくする」。名張市美旗町池の台西の会社員、浅田満弘さん(52)と、妻でパート従業員の志津子さん(50)はオフロードバイクに夢中になり、一緒に走行練習や林道ツーリングなどに出掛けている。【練習に出掛ける浅田さん(左)と志津子さん=名張市美旗町池の台】

おなかのなかからクラシック 30日・伊賀で

 胎児のうちからクラシック音楽に親しんでもらおうと、伊賀市文化都市協会は6月30日午前11時15分から午後0時半まで、妊娠中の女性向けのコンサート「おなかのなかからクラシック」を同市西明寺の市文化会館で開く。

国体ホッケー場 8月には竣工へ 名張市

 2021年三重国体のホッケー会場になっている名張市の「百合が丘コミュニティ広場」(百合が丘西5番町)が7月末の完成を目指し、工事が大詰めを迎えている。8月には竣工の記念行事や今年の国体予選の試合を予定しているが、市民からは計画に盛り込まれなかった夜間照明設備の要望が多く、市は財源確保の方法などを検討している。

本格ミステリ大賞受賞 中さん

 名張市蔵持町原出の郷土史家、中相作さん(66)の著書「乱歩謎解きクロニクル」(言視舎)が、第19回本格ミステリ大賞を「評論・研究部門」で受賞した。6月22日には都内で贈呈式が開かれる。【受賞した著書を手にする中さん=名張市蔵持町原出で】

中村さんと香葉村さん講演 22日・青山ホール

 実業家の中村文昭さんと元小学校教諭の香葉村真由美さんによる講演会が、6月22日(土)午後0時半から伊賀市阿保の青山ホールで開かれる。

名張市議こっそり一服 “秘密”の喫煙スペース 控室ベランダに

 ベランダに設置された吸い殻入れとベンチ。周囲の視線を気にせず一服できるスペースが名張市役所の議会棟2階にある。こっそりと利用していたのは議員たちだ。市民には目のつきにくい“秘密”の喫煙スペースになっている。受動喫煙防止を目的とした改正健康増進法の施行で、7月から学校や児童福祉施設、病院、行政機関の庁舎などが原則として敷地内禁煙になるが、撤去するかはまだ決まっていない。存在を知った市民からは「ちゃんと喫煙場所があるのに身勝手すぎる」と批判が上がっている。【議員控室のベランダにある吸い殻入れとベンチ(上)、駐車場からみた喫煙スペースの場所(赤色囲み部分)=いずれも名張市役所】

落水さん初個展「水彩画小作品展」 21日から

 名張市緑が丘中の落水保之さん(75)による初の個展「水彩画小作品展」が、6月21日(金)から23日(日)まで同市元町のイオン名張店3階リバーナホールで開かれる。入場無料。【「万葉の刻」を紹介する落水さん=名張市緑が丘中で】

出品や参加募る ふれあい芸術祭

 日本各地から集まる芸術家と地元住民が芸術を通じて交流を深める、恒例の「風と土のふれあい芸術祭in伊賀2019」が、今夏から秋にかけて伊賀市腰山の矢持市民センターを中心に開かれる。主催の同芸術祭実行委員会では、プロからアマチュアまで広く出品や参加を募っている。

“オールドガールズ” 20日から水彩画作品展

 伊賀市平野東町の画家、中尾範子さん(69)と、中尾さんに絵を習っている女性たちのグループ「ポピーの会」=写真=が、6月20日から23日まで同市上野東町のうえせん白鳳プラザで水彩画作品展「オールドガールズ展」を開く。入場無料。