15.6 C
Nabari
2022. 05 / 17 (火)
- Advertisement -

新型店舗に業態転換し9月開業へ アピタ名張店

 ドンキホーテホールディングス(本社・東京都)とユニー・ファミリーマートホールディングス(同)はこのほど、アピタ名張店(名張市下比奈知)を含む6店舗を新型店舗に全面改装し、今年7月以降に順次開業すると発表した。【アピタ名張店の店舗外観=名張市下比奈知で】

「ホッケーのまち名張へ」夫婦で汗 津田明徳さん、志穂さん

 三重県内唯一のホッケー社会人チーム「三重クラブ」に夫婦で所属している、名張市桔梗が丘5番町の公務員、津田明徳さん(26)と、団体職員の志穂さん(30)。2021年の「三重とこわか国体」では地元・名張が競技会場となることから、練習に一層力が入っている。【愛用のスティックを手にする津田さん(右)と志穂さん=名張市百合が丘西5の市民ホッケー場で】

本物そっくり100円ミニチュア 巣ごもり需要で追い風 伊賀市の山田化学

シリーズ月間販売50万個突破

 三重県伊賀市治田のプラスチック製品メーカー「山田化学」が、全国の100円ショップ向けに昨年から生産しているミニチュアシリーズが人気だ。酒瓶ケースや貨物コンテナなど、どれも本物そっくりで、ユーザーが思い思いに使う様子がSNSで拡散。コロナ禍の巣ごもり需要も追い風に、月間販売個数は50万個を突破した。

ホームセンター・コメリ 東海最大級の店舗 名張に来春オープン

 全国でホームセンターを展開するコメリ(本社・新潟市)が、三重県名張市蔵持町里に「(仮称)コメリパワー名張店」をオープンする。オープン時期は来年3月ごろの予定。同社広報担当によると、東海地方最大級の店舗になるという。

スーパーなど今秋オープンへ「ジョイシティ」跡地に 伊賀

 昨年2月に閉店した、伊賀市小田町の県道信楽上野線北側にある商業施設跡地に、総合食品スーパー「ぎゅーとら」(本社・伊勢市)などがテナントとして出店を計画し、建設が進んでいる。オープンは今秋の予定。【商業施設の建設が進む伊賀市小田町の予定地周辺】

「ザ・ブルーハーツ」梶原さん来場 11日に名張でワークショップ

 1995年に解散したロックバンド「ザ・ブルーハーツ」のドラマー、梶原徹也さんを迎えた「ドラムクリニック、リズムセッション&ミニライブ」が1月11日(土)午後7時半から、名張市西原町のライブハウス「クラブロックアップ」で開かれる。【来場を呼び掛ける堀口さん=名張市西原町で】

名張の新店舗工事開始 ホームセンター・コメリ

 全国でホームセンターを展開するコメリ(本社・新潟市)が、三重県名張市蔵持町里の県道上野名張線沿いで新店舗建設に向けた工事を始めた。同市内へは初出店で、オープン時期は未定。

爽快感とスリル満喫 空中アスレチック 伊賀市に28日オープン

ジップラインも 名阪アドベンチャーパーク

 想像力と冒険心のおもむくままに、フィールドアスレチックを満喫! 三重県伊賀市西之澤の名阪ロイヤルゴルフクラブ東隣に「名阪アドベンチャーパーク」が4月28日オープンする。類似施設は近隣にも少なく、爽快に滑り降りるジップライン、心地良いスリルを感じながら一歩一歩進んでいく空中アスレチックなどが整備されている。

近鉄大阪線列車衝突事故から25日で50年 死傷者300人超の大惨事

山中のトンネルでの救助活動語る 元県警機動隊・伊賀市の西田さん

 1971年10月25日、津市(旧白山町)で特急列車同士がトンネル内で正面衝突し、25人が死亡、288人が負傷した「近鉄大阪線列車衝突事故」から50年を迎える。伊賀市(旧青山町)との境から約4・5キロの地点で発生した大惨事だが、年月の経過とともに当時を知る人は少なくなっている。事故直後の現場に出動し負傷者救助にあたった一人、伊賀市北山の西田賢一さん(73)=元三重県警警視=に話を聞いた。

来春の竣工目指す 伊賀市小田町 スーパー「ラ・ムー」

 岡山県を中心に西日本でディスカウントストアなどグループ全体で145店舗を展開する大黒天物産株式会社(本社・岡山県倉敷市)が、伊賀市小田町のアテーナ上野店跡地に24時間営業の食品スーパー「ラ・ムー」を出店する計画を進めている。【アテーナ上野店跡地=伊賀市小田町で】

- Advertisement -