ドンキホーテホールディングス(本社・東京都)とユニー・ファミリーマートホールディングス(同)はこのほど、アピタ名張店(名張市下比奈知)を含む6店舗を新型店舗に全面改装し、今年7月以降に順次開業すると発表した。【アピタ名張店の店舗外観=名張市下比奈知で】

 県内では既に、ピアゴ星川店(桑名市)を総合ディスカウントストア「MEGAドン・キホーテUNY」に転換、アピタ鈴鹿店の業態転換も発表している。名張店の業態転換は県内3例目となり、9月上旬の開業を予定。新店舗名は後日発表される。

 ユニー広報担当者によると「位置関係や競合状況などから総合的に評価」し、名張店の改装を決めたという。営業時間は、星川店と同じ午前8時から午前0時となる見込みで、1階が食料品や日用品など、2階にテナントなどが入る予定。現アピタ名張店のテナントに、そのまま残るよう交渉も進めているという。

 なお、アピタ伊賀上野店の業態転換は未定だという。

2019年1月26日740号24面から