19.1 C
NABARI
2018. 10 / 23 (火)

恐喝未遂で49歳男を逮捕 名張署

 名張署は10月23日、恐喝未遂の疑いで住所不定、無職の萩野義和容疑者(49)を逮捕したと発表した。容疑を認めているという。

83歳女性が行方不明 伊賀市桂

 伊賀市は10月7日、行方不明になっている同市桂の無職、的場俔子(まとば・ちかこ)さん(83)の氏名や顔写真などを公表し、情報提供を呼び掛けている。【行方不明になっている的場さん(市提供)】

キャッシュカード4枚盗まれ370万円被害 名張市の70代女性

 名張署は8月19日、名張市内に住む70代の無職女性が、警察官や金融庁職員をかたった複数人の男にキャッシュカード4枚を盗まれ、口座から約370万円を引き出される被害に遭ったと発表した。同署で窃盗事件として調べている。

公園のトイレ窓ガラスなどが破損 名張市

 6月25日午後5時15分ごろ、名張市八幡の八幡2号公園で、トイレの窓ガラスと男子トイレのといが破損しているのが発見された。同4時45分ごろ公園を使用していた団体から公園を管理する指定管理会社へ「窓ガラスが割れている」との連絡があり、管理会社から市と名張署へ通報があった。その後現場の確認などが行われ、26日午後11時に同署に被害届が提出された。【壊された窓ガラス(左)、ととい=名張市で(市教育委員会提供)】

公園の蛇口3つが破損 名張市

 6月6日午前、名張市薦生の薦原公園と同市西田原の八幡6号公園で、水飲み場の蛇口が壊れているのが相次いで発見された。それぞれ午前9時10分ごろと同11時ごろに市民から市へ通報があり、市は名張署に被害を届けた。同署が器物損壊容疑などで調べている。【壊された蛇口薦原公園内(左)、八幡6号公園内=名張市で(市維持管理室提供)】

日本遺産道標が破損 手裏剣もぎ取られる 伊賀市内で

 6月2日午後3時ごろ、伊賀市上野西日南町に設置した道標の手裏剣部分がもぎ取られているのを伊賀流忍者博物館の職員が発見し、連絡を受けた同市役所が伊賀警察署に被害届を提出した。【破損した日本遺産道標(伊賀市提供)】

公用車の鍵穴が破損 盗難被害なし 伊賀市大内の市民センターで

 5月28日午前10時ごろ、伊賀市大内の花之木地区市民センターに勤務する職員が駐車場に止めてあった公用車の鍵穴が壊されているのに気付き、同市役所を通じて警察に通報した。盗難の被害はなかったが、伊賀署が器物損壊の疑いで捜査している。

長さ9・2キロ分の電線盗まれる 伊賀市の新庁舎建設現場で

 伊賀市は5月10日、同市四十九町で建設が進む新庁舎の工事現場からロール状に巻いた長さ計約9・2キロ、重さ計1・4トンの電線92束(約160万円相当)が盗まれる被害に遭ったと発表した。

公園トイレの窓ガラス破損 名張

 名張市薦生の薦原公園で5月5日午前8時45分ごろ、屋外のトイレの窓ガラス2枚が割られているのが発見された。発見したのは公園を指定管理する会社の職員で、管理会社から、名張署へ被害届が出された。【割れた窓ガラス=名張市薦生で(市教委提供)】

特殊詐欺で600万円被害 名張の80代女性

 名張署は4月12日、名張市内に住む80代の無職女性が、現金600万円をだまし取られる被害に遭ったと発表した。