18.3 C
Nabari
2022. 05 / 17 (火)
- Advertisement -

空道U11 全日本ジュニアで優勝 名張の小6・多治川君

 4月に愛知県で開催された「2022年全日本空道ジュニア選手権大会」(全日本空道連盟主催)のU11クラスで、三重県名張市立つつじが丘小6年の多治川統将君(11)が優勝した。

藤森工業 新製造棟と開発棟、24年末竣工へ 名張市滝之原に

包装資材製造 需要年1・5倍増の製品も

 食品、情報機器、医療などの各分野で使う包装資材を生産・販売している藤森工業株式会社(本社・東京都文京区)は、点滴用の樹脂製バッグを中心に医薬品の包装材を生産している三重県名張市滝之原の三重事業所に、2024年12月に新製造棟と開発棟を竣工する計画を発表した。新製造棟では、バイオ医薬品やワクチンの製造工程で使う、1度しか使用しないシングルユースのフィルム製バッグ製品「バイファス」(登録商標)を量産する。

花の絶えない玄関先 園児らにも評判 名張の髙木さん

 「花を見た方に楽しい気分になってもらえたら。自分もうれしいし、きっと花たちも喜んでいる」。三重県名張市富貴ケ丘6番町の髙木直さん方の玄関先は、シバザクラやチューリップ、ボタン、パンジー、グラジオラスなど、四季を通じて花が絶えない。「冬でも花が満開なのはここだけやね」などと近所でも評判だ。

給油所裏は季節の庭園 数百種の花、次々盛り 伊賀市の西尾さん

 三重県伊賀市平田の国道163号沿いにあるガソリンスタンド「西尾石油店」の店舗裏には、南北約10メートル、東西約60メートルにも及ぶ庭園が広がり、春から秋にかけて服部川のほとりで数百種類の花々が次々に盛りを迎える。

ツバメの“タワマン” 名張の農村地帯で45年間建設中 最上階にひな6羽

高さ50センチの巣 上小波田の竹中さん方

 タワーマンション建設中? 住人はツバメだった―。三重県名張市上小波田の竹中恒雄さん(82)方に、縦長のツバメの巣がある。通常はお椀型だが、上へ上へと継ぎ足すうちに高さ約50センチ、幅約20センチになった。今年も親鳥がせわしなく付近を飛び回り、顔をのぞかせたひな6羽がすくすく育っている。

「お茶湯」始まる 奈良市の月ヶ瀬温泉 地区で収穫のほうじ茶

 伊賀盆地が一望できる「梅の郷 月ヶ瀬温泉」(奈良市月ヶ瀬尾山)で、同地区で収穫・焙煎(ばいせん)したほうじ茶を使った「お茶湯」が始まった。期間は6月末までの土・日曜の午前10時30分から午後8時30分まで展望露天風呂で楽しめる。

かれんなエビネラン 伊賀・中西さん方の庭で

 初夏の楽しみ、今年も―。三重県伊賀市山出の中西浅男さん(82)が自宅の庭で世話しているエビネランが、今年も見頃を迎えた。庭石や植木に身を寄せるように、白、黄、ピンクなど色とりどりの花がかれんな姿をみせている。

押し花の魅力届けたい 14・15日に名張で教室作品展

 押し花の魅力「癒やし」を届けたい―。三重県名張市内の押し花教室「咲花」の生徒らによる第7回作品展が、5月14、15の2日間、同市蔵持町里の武道交流館いきいき多目的ホールで開かれる。風景や花、人物などを表現した、コロナ禍で開催できなかった約3年分の作品が並ぶ。入場無料。

ウクライナ支援コンサート バザーや写真展示も 伊賀・博要の丘で14日

 ロシアによる侵攻が続くウクライナ。三重県伊賀市種生の博要の丘(旧博要小学校)で、支援のためのコンサートやバザー、写真展示などが5月14日に開かれる。会場には募金箱も置かれ、日本赤十字社経由でウクライナへ送られる。入場無料。

ソフトボール東海選手権出場「3年ぶり全国目指す」 伊賀地域のネッシーズ

 三重県の伊賀地域を拠点に活動している男子ソフトボールクラブ「キタモリ交通ネッシーズ」(福澤孝久監督)が、5月14、15日に伊賀市と亀山市で開催される「東海地域クラブ男子ソフトボール選手権大会」に三重県代表として出場する。

- Advertisement -