- Advertisement -

「今を生きる」思い形に 寺元篤さん初個展 21日から伊賀市で

 伊賀に窯を構えて10年余り、独自の世界観を表したオブジェや黒土器、織部などを創作している伊賀市岡田の陶芸家、寺元篤さん(44)の伊賀地域での初個展が、9月21日から29日まで同市上野福居町のギャラリー「アートスペースいが」で開かれる。入場無料。【展示予定の作品を見せる寺元さん】

曽爾で音楽ライブ 22日

 韓国出身の3組による音楽ライブ「ナチュラルハーモニーinSONI」が、9月22日(日)午後1時から曽爾村太郎路の曽爾高原ファームガーデンで開かれる。入場無料。

作品展 日常離れゆったりと 日本画・彩の会 21・22日

 桔梗が丘市民センター(名張市桔梗が丘6番町)を拠点に活動する日本画教室「彩の会」の第15回作品展が9月21(土)、22(日)の両日、同センターで開かれる。入場無料。【出品作を披露するメンバー=名張市桔梗が丘6で】

35の窯元から3万点 伊賀焼陶器まつり 20日から

 今年で39回目を迎える「伊賀焼陶器まつり」が、9月20日から22日まで伊賀市川合のあやまふれあい公園内「すぱーく阿山」で開かれる。35軒の窯元が出展し、伝統工芸士の作品展示から皿や茶わんなど普段使いの品まで、約3万点が展示即売される。【自作の伊賀焼を手に来場を呼び掛ける実行委員長の谷本さん=伊賀市三田で】

特定任意講習 21日・伊賀で

 伊賀地区交通安全協会は、9月21日(土)午後7時から伊賀市ゆめが丘1のゆめぽりすセンターで運転免許更新時の講習が事前に受けられる特定任意講習を開く。

高校生が名張の魅力発信「隠スタグラム」

 高校生の視点で地域の魅力を発信してもらおうと、名張市は10月15日まで写真コンテスト「隠(いん)スタグラム」の作品募集をしている。

伊賀の観光体験 今年も 120プログラム「いがぶら」

 毎年秋に伊賀市で開かれる体験型の観光イベント「いがぶら」(いがぶら実行委員会主催)。今年は9月21日から11月24日まで開かれる。参加には事前予約が必要で、電話や公式ウェブサイトで受け付けが始まっている。【参加を呼び掛ける吉川部会長】

みこし・太鼓台 秋祭りの担ぎ手募る 名張・宇流冨志禰神社

 名張市平尾の宇流冨志禰神社の秋祭り(10月26、27日)で、みこしや太鼓台などを担いで回る「担ぎ手」を祭りの実行委員会が募集している。参加無料。【秋祭りで巡行する松崎町の太鼓台(提供写真)】

比奈知ダム周辺を歩こう 初級は施設見学も 10月20日

 健康増進と、自分たちが暮らす地域の新しい発見を目指す催し「みんなで歩こうおきつも名張比奈知ウオーキング」が10月20日(日)に開かれる。主催の名張市スポーツ推進委員協議会では参加者を募集している。

武道館の新築移転検討 屋外ゲートボール場 廃止提案盛る 伊賀市計画案

オープン後3年利用なし しらさぎ運動公園

 伊賀市が策定中のスポーツ施設再編計画案のなかで、伊賀上野武道場(同市小田町)の移転新築などを検討している。候補地は2015年春に運用を始めた「しらさぎ運動公園」(同下友生)の屋外ゲートボール場で、15年度からの3年間は利用が全くなく、廃止の提案を盛り込んでいる。【新武道館の移転候補地になっているしらさぎ運動公園の屋外ゲートボール場=伊賀市下友生】