- Advertisement -

伊賀市議選 得票数の再点検 疑義15枚受け付ける 市選管

 3月28日執行の三重県伊賀市議会議員選挙(定数22)で3票差の次点で落選した前職の福村教親氏(59)から提出された異議申し出に対し、市選挙管理委員会は5月9日、伊賀市上野丸之内のハイトピア伊賀で再点検を実施した。対象は福村氏と最下位当選者それぞれの得票数、無効票で、福村氏側からは計15枚の疑義を受け付けた。市選管は疑義のあった各票が有効または無効とした理由を福村氏側に文書で回答するため、14日予定の非公開会議で話し合う。

文化振興プランを答申 5年間の実行計画まとめる 伊賀市

 三重県伊賀市の文化振興審議会は4月26日、2025年までの5年間に取り組むべき文化振興プランの前期実行計画をまとめ、岡本栄市長に答申した。

市議選の得票数巡る異議申し出 再点検を決定 伊賀市選管

 3月28日に投開票された三重県の伊賀市議会議員選挙(定数22)で落選した前職の福村教親氏(59)から、本人の得票数1098票と3票差だった最下位当選者の得票数、無効票の再確認などを求め提出された異議申出書に対し、市選挙管理委員会(山菅善文委員長)は4月21日、再点検の実施を決めた。

住民監査請求を棄却 市営住宅敷地の駐車場管理で 伊賀市

 三重県伊賀市の監査委員は、同市八幡町にある市営住宅の一部敷地を駐車場として使用し管理を請け負っている「八幡管理組合」の2017年度決算を巡り、真偽の確認を怠り市に損害を与えたとして、当時の市人権生活環境部長に決算書との差額80万円の補てんを求めた住民男性2人の監査請求を棄却した。

 請求人は柘植町の堀井信雄さんと島ヶ原の川口文克さんで、結果通知は4月13日付。監査結果では、2人が決算書は市提出用の他に組合用と住民説明用の3つがあるとの主張に「事実と判断した」とする一方、違法または不当な公金の賦課、または徴収を怠る行為であると2人が主張した、決算書の真偽の確認を怠る行為については「請求対象である公金の賦課または徴収を怠る行為ではない」と結論付けた。

新議長に市川市議を選出 副議長は赤堀市議 伊賀市議会

 伊賀市議会(定数22)の臨時会は4月14日、正副議長選挙を実施し、投票で3期目の市川岳人市議(38)=自民絆=が新議長に選出された。申し合わせによる任期は1年間。

市川、上田の両市議が立候補 伊賀市議長選

 伊賀市議会事務局は、4月14日開会の臨時会で実施する議長選挙に市川岳人市議(38)=自民絆=と上田宗久市議(73)=明政クラブ=の2人が立候補を届け出たと、12日の議員全員協議会で説明した。

伊賀市議選 票の再確認求め異議申し立て 3票差落選の前職

 3月28日に投開票された伊賀市議会議員選挙(定数22)で3票差で落選した前職の福村教親氏(59)(上野車坂町)が、自身と22位当選候補、氏名の表記や読みが複数人に該当しそうな「按分(あんぶん)票」の可能性があるとする2候補の計4人の得票と無効票(633票)の再確認を求め、4月5日に市選挙管理委員会事務局へ異議を申し立した。福村氏は報道陣の取材に対し「正当に判断してほしい」とコメントした。

伊賀市長が県議に抗議書 ブログに同性カップルの住所無断掲載で

 三重県議会の小林貴虎議員(47)=津市選挙区=が公開質問状を送ってきた伊賀市に住む同性カップルの氏名と住所を無断で自身のブログに掲載したことについて、伊賀市の岡本栄市長は4月6日、小林県議の行為は「人権侵害に値し得るもの」だとし、抗議書を提出すると述べた。同市は2016年4月に同性パートナーシップ宣誓制度を制定している。

新規採用職員50人に辞令交付 名張市

 三重県の名張市役所で4月1日、新規採用職員50人への辞令交付式があった。新型コロナウイルス感染対策で昨年と同様、時間を短縮し実施した。

伊賀市役所で辞令交付式 新規職員44人

 三重県伊賀市は4月1日、新規採用職員44人に辞令を交付した。式は昨年度と同様、新型コロナウイルスの感染拡大防止で短縮された。

- Advertisement -