- Advertisement -

祈りの光ともる 亡くなったがん患者ら鎮魂 名張・広野さん方のイルミ

 がん・難病患者らの全国組織「がんを明るく前向きに語る・金つなぎの会」の代表を務める三重県名張市富貴ケ丘1の広野光子さん(80)方で12月1日、亡くなった会員らの鎮魂や闘病中の仲間らの安寧を祈るイルミネーションが今年も点灯し始めた。期間は来年1月10日までの午後6時から9時。

三重県内の新規感染者ゼロ 3日連続 新型コロナ

 三重県は12月1日、県内で新たな新型コロナウイルス感染者は確認されなかったと発表した。新規感染者0人は3日連続で、前週の同じ曜日と同数だった。

 同日現在、県内の感染者数は延べ1万4813人、入院患者は前日と変わらず3人で、病床使用率は0・7%。

気象予報士の田﨑さんが一日署長 「晴天のように見守りの輪広げて」 名張署

 NHK津放送局の夕方のニュース番組「まるっと!みえ」に出演している気象予報士の田﨑麻友美さんが12月1日、三重県警名張署の一日署長を務め、年末に向けた防犯や交通事故防止の広報啓発活動などを行った。

上水道の給水を停止 業者の契約不履行で 伊賀市の住宅団地

 三重県の伊賀市上下水道部は11月30日、きじが台地区(同市上神戸)にある住宅団地に民間の専用水道業者を通じた水道水の給水を停止したと発表した。影響世帯は推定9戸で、同水道部が専用水道利用者の生活に支障が出る恐れがあるとして同地区市民センターに臨時給水場を設置した。

渓谷内で要救助者搬送 消防と県防災航空隊が訓練 名張・赤目四十八滝

 紅葉見物などで入山者の多い行楽シーズンを迎えた、三重県名張市赤目町長坂の赤目四十八滝渓谷などを会場に、名張市消防本部と県防災航空隊の合同訓練が11月30日行われ、消防隊員らが連携し、渓谷内から要救助者役を担架やヘリコプターで搬送した。〈YouTubeで動画を見る(https://youtu.be/fRGMVxj9Lqg)〉

三重県内の新規感染者2日連続ゼロ 新型コロナ

 三重県は11月30日、県内で新たな新型コロナウイルス感染者は確認されなかったと発表した。新規感染者0人は2日連続で、前週の同じ曜日と同数だった。

合同出動式に150人 年末控え犯罪と重大事故を未然防止 伊賀

 年末の特別警戒と翌日から実施される交通安全県民運動の合同出動式が11月30日、三重県伊賀市上野丸之内の旧市役所駐車場であった。各種犯罪や重大事故の未然防止を図るのが目的で、県市の職員や警察署員、交通や防犯など関係団体の住民ら約150人が参加した。

痕跡なく監視カメラ撤去 熊らしい動物のふん発見で 伊賀市

 三重県伊賀市は11月29日、同市上高尾の尼ヶ岳登山口付近で熊のものと思われる動物のふんが見つかったとの情報を受けて設置した監視カメラの調査結果をまとめ、熊らしい動物は映像に記録されておらず、他の痕跡も確認できなかったと発表した。

名張市3回目接種12月中旬開始 医療従事者から 新型コロナワクチン

 三重県名張市は11月29日、新型コロナウイルスワクチンの3回目の接種を12月中旬に始めると発表した。2回目の接種完了から原則8か月以上が経過した18歳以上が対象で、医療従事者約2200人から順に実施していく。

三重県内新規感染者ゼロ 4日ぶり 新型コロナ

 三重県は11月29日、県内で新たな新型コロナウイルス感染者は確認されなかったと発表した。新規感染者数は前週の同じ曜日と変わらず、25日発表分以降、4日ぶりに0人となった。

- Advertisement -