- Advertisement -

新型店舗に業態転換し9月開業へ アピタ名張店

 ドンキホーテホールディングス(本社・東京都)とユニー・ファミリーマートホールディングス(同)はこのほど、アピタ名張店(名張市下比奈知)を含む6店舗を新型店舗に全面改装し、今年7月以降に順次開業すると発表した。【アピタ名張店の店舗外観=名張市下比奈知で】

岡波総合病院の新築移転 開設1年延び22年秋に 伊賀市

 伊賀市上野桑町の岡波総合病院(猪木達院長)は2月18日、旧成和中学校跡地(同市上之庄)への新築移転事業が開発許可申請に向けた県との協議で当初の予定よりも約1年延び、2022年の秋ごろになると市議会議員全員協議会で説明した。【移転新築を計画する岡波総合病院外観の完成予想図(同病院提供)】

月ヶ瀬「梅まつり」 16日からイベント

 梅の名所・奈良市月ヶ瀬地区の月ヶ瀬梅渓で、恒例の「梅まつり」が2月16日(日)から3月31日(火)まで開かれる。期間中、山腹に広がる紅白の梅林や、名張川を望む里山の風景などを楽しむ催しがある。月ヶ瀬観光協会によると、今年は暖冬の影響もあり、1月下旬で既に咲き始めている木もあるという。【早朝の月ヶ瀬梅渓(2017年4月撮影、月ヶ瀬観光協会提供)】

伊賀ドキの人 食事に悩む人たちの役に 吉田健吾さん(35)

 「毎日の食事に悩む人の役に立ちたい」。名張市美旗町中2番にある配食サービス業「ライフデリ名張店」の店長として3年を迎える。

策定委が第2期基本計画案を答申 中心市街地活性化で 伊賀市

 伊賀市の中心市街地活性化基本計画策定委員会(委員長=久隆浩・近畿大教授)は2月14日、2021年度からの3年間に官民それぞれで進める計28事業を盛り込んだ第2期計画案を岡本栄市長に答申した。【答申書を手渡す山本禎昭副委員長(右端)ら=伊賀市役所で】

伊賀市が6支所廃止の再編案 北・南部に地域振興センター設置

 伊賀市は2月18日、旧市町村単位で設けている支所のあり方について、6か所全てを廃止した上で旧阿山町と旧伊賀町で構成する北部エリアと、旧上野市南部の3地区と旧青山町で構成する南部エリアに地域振興センターを設置する案を示した。再編の時期は2022年4月とし、旧上野市の他地区と旧大山田村、旧島ケ原村の中部エリアは、市役所本庁があるので、センターを設置しない方針。

伊賀市の「勝手神社の神事踊」など候補に ユネスコ無形文化遺産 文化審

 文化審議会は2月19日、ユネスコ無形文化遺産の候補として国の重要無形民俗文化財に指定されている伊賀市山畑の「勝手神社の神事踊」など全国に37件ある民俗芸能「風流踊」を選定した。3月末に提案書を提出し、審議時期は2022年11月ごろになる見通し。【2018年10月15日に奉納された「勝手神社の神事踊」=伊賀市山畑で】

観光ガイドが解説用DVD寄贈 高校生も協力 国史跡の夏見廃寺

 名張市の観光ボランティアガイド「おきつも」は2月17日、国史跡・夏見廃寺(同市夏見)の解説DVDを市に寄贈した。制作には地元高校生が協力し、跡地に隣接する展示館で活用する予定。【映像を紹介する(左から)藤原さん、坪内さん、松生君=名張市役所で】

千住真理子コンサート 気軽にクラシック 22日・名張で

 バイオリニスト千住真理子さんが、フリーアナウンサーの朝岡聡さんを進行役に、クラシックの名曲を演奏する「千住真理子&朝岡聡 気軽にクラシック」が2月22日(土)午後3時から名張市松崎町のadsホールで開かれる。同ホール主催。【コンサートに出演する千住真理子さん(©kiyotaka Saito〈SCOPE〉)】

ぞうさん公園整備に汗 クリーンの会の4人 名張市つつじが丘

 名張市つつじが丘南6番町の13号公園(通称「ぞうさん公園」)が、住民たちの手で奇麗に整備されている。つつじが丘自治会の組織「ぞうさん公園クリーン会」のメンバーたちが、雨の日を除き、毎朝汗を流している。【まき小屋を背に、作業の合間に談笑する(左から)北野さん、廣田さん夫妻、西窪さん=名張市つつじが丘南6番町で】