伊賀・名張両署は10月1日、任期満了に伴う伊賀市長選挙(11月1日告示・8日投開票)の違反取締本部を設置した。両署とも約100人体制で取り締まりにあたる。【本部設置の看板を掲げる伊賀署員=伊賀市四十九町】

 現職と新人2人の3人が立候補した前回の市長選では、警告が両署合わせ6件あった。伊賀署管内では文書図画の掲示違反4件、事前運動の禁止違反1件の計5件、同市青山地区を管轄する名張署では同掲示違反1件だった。

 伊賀署の石井博明・刑事課長は「選挙の自由と公正を確保するため、取り締まりを適正に行っていく」と話した。