火災で全焼した伊賀市小田町のクライミングジム「バンブーボルダリング」の新店舗が昨年11月、同市比土にオープンした。オーナーの竹内幸治さん(38)は「いち早く再建できたのは、支えてくれたクライマーの皆さんのおかげ」と感謝を語る。【新しくなったジムに練習に訪れた親子=伊賀市比土で】

 念願のオープンからちょうど3年、突然店を失ってしまったが、利用者からの激励の言葉や復帰を願う声を聞き、いち早く再建への準備を始めた。幸い物件も早く見つかり、秋口には着工してSNSに工事の進捗状況をアップしたり、クライマーたちに近況を伝えたりしてきた。

 前店舗より空調も効き、テーブル席も設けたキッズコーナーは付き添う親が見守りやすいレイアウトに。また以前より大きくなった「バルジ」(せり出した壁)や、「スラブ」と呼ばれる急な坂道のような傾斜が新たに登場し、さまざまなウォール(壁)が楽しめる。

 オリンピックイヤーとなり、関心がある人や家族での来店者が多く、付き添いの親が「やってみたい」とはまってしまうケースも少なくないそうだ。「皆さんのおかげで、半年という短期間で再建できた。ファミリーや女性の方も気軽に体験に来て」と呼び掛けた。

2020年1月25日付 764号 16面から