171118_12.jpg 名張市桔梗が丘自治連合協議会は11月19日午前11時から午後4時まで、桔梗が丘市民センターで「第2回桔梗が丘”ほっとまち”フェスタ」を開く。【昨年の様子(提供)】


 同協議会では地域ビジョン「桔梗が丘”ほっとまち”構想」の下、「地域とのつながりを深めた活力と魅力あふれる良好な生活環境のまちづくり」推進に向け、各組織が地域の活性化に取り組んできた。

 組織には6つの部会と5つのプロジェクト事業があり、当日はそれぞれの活動のパネル展示や、屋台村、植樹活動などが行われる。

 また、「第13回健康まつり」も同時開催。骨密度測定やスクエアステップ体験、健康リズム体操などがある。

 午前11時から午後3時までは「名張桔梗丘高校45年間、ありがとう」と題したパネル展示や生徒らによる説明もある。

 車で来場の際は桔梗が丘小学校に駐車、お助けセンターの送迎車を利用する。

 辻森保藏会長は「自治連合協議会の活動を広く皆さんに知っていただき、多くの方の力をお借りできたらと思っています。ぜひご来場ください」と呼び掛けた。

 問い合わせは同センター(0595・65・1206)へ。

2017年11月11日付711号7面から