【(左写真)来場を呼び掛けるスタッフ(右写真)講師の松岡さん】

 演劇やダンスなどを親子で遊びながら学ぶ「ころころ うろうろ おろおろ-親子で遊ぶココロとカラダのワークショップ-」が11月7と14日に三重県伊賀市川合のあやま文化センターで開かれる。主催の伊賀市文化都市協会が参加者を募っている。

 講師は伊賀市出身で、関西を中心に舞台女優として活躍する松岡咲子さん(29)。参加者は演劇やダンスの手法を使ったゲームの後、グループに分かれてオリジナルの「えんげき」を考え、発表する。表現力や正確さに重点を置くのではなく、親子の愛情を深めるのが狙いだという。

 対象は、両日参加できる4歳から小学2年生までの子どもとその保護者。いずれも2時間程度の「A枠」(午前10時から)、と「B枠」(午後2時から)があり、各枠先着10組。参加費は1人1000円。募集期間は10月3日午前9時から同24日午後5時まで。

 松岡さんは「演劇というイメージより、遊んでいるような感じの楽しいワークショップ。地元での新しい出会いにわくわくしている」と期待しており、同協会スタッフは「コロナ対策もとっているので、ぜひ参加を」と呼び掛けている。

 申し込み、問い合わせは同協会(0595・22・0511)まで。

2021年9月25日付804号21面から