伊賀市商工会の賀詞交歓会が1月10日、同市寺脇の「青山ガーデンリゾート・ホテルローザブランカ」で開かれた。出席した来賓や会員ら約120人が地酒で乾杯し、新年のあいさつを交わした。【中谷一彦市議会議長の発声で乾杯する出席者=伊賀市で】

 柘植満博会長は壇上で「中小零細企業から一層の経営支援が求められている。地域の経営者に寄り添って新たな成長への動きを後押しするのが商工会の使命だ」とあいさつ。少子高齢化や後継者不足による会員減少に歯止めをかけるため、「新規創業者の掘り起こしと会員の増強に注力する」と述べた。

 オープニングでは、地元の「訓峯会伊賀教室」による津軽三味線の迫力ある演奏が披露された。