日本相撲協会は4月30日、大相撲五月場所(両国国技館)の新番付を発表した。伊賀市出身で九重部屋の千代の国関(27)は西前頭十一枚目。

 春場所は中日までに5勝を挙げたが、その後は白星の数を伸ばせず7勝8敗で負け越した。今場所は4場所ぶりの勝ち越しを目指す。