伊賀タウン情報YOU

興味や関心表現 施設利用者たちが作品展 31日まで 名張

170518_1.jpg 名張市百合が丘東9番町の通所施設「ワークプレイス栞」の利用者たちによる作品展が同所のセンサートギャラリーで5月31日まで開かれている。イラストや複数人で描いた合作絵など、個性豊かな33点が展示されている。入場無料。【個性豊かな作品が展示された会場=名張市百合が丘で】

 展示は「栞のアーティストたち展」と題し、昨年3月に続き2回目。作品を通じて利用者たちを身近に感じてもらいたいと開いている。出展したのは施設内のアトリエで創作活動に励む、障害のある20代から60代の作家10人。日々の創作活動だけでなく、公募展などにも応募するなど精力的に活動している。

 会場には絵の具や色鉛筆などを使って描いたイラストや刺しゅう、コラージュなど、過去2年ほどの間に制作した作品を展示。墨やボールペンで細かく描き込まれた動物や、鮮やかな色彩で花々を描いたイラストなどが、来場者の目を引いていた。

 同所の生活支援員の福川佳代さん(59)は「作家たちのその時々の興味や関心が表現されている。作品から驚きや癒やしを共有できたら」と話している。

 時間は平日の午前11時から午後5時まで。28日は開館し、同施設で作品制作のアドバイザーを務める亀山市の洋画家、森敏子さんと福川さんが作品を解説する。午後1時30分から。先着50人。

 問い合わせは同施設(0595・62・3271)へ。

カテゴリ

アーカイブ

 
YOU携帯サイト
 YOU携帯サイト
ユーの携帯サイトはこちら
伊賀最新ニュース配信中
YOU携帯メール会員登録
 YOU携帯メール会員登録
割引クーポン等お得情報を
配信。登録は上記QRより