てくてく歩記は三重県伊賀市、名張市の散歩道を紹介しています。観光にもお役立てください。いつもの道もふらっと歩けば違う景色になるかもしれません。

YOU地図

緑に囲まれた住宅団地ぐるり 名張市・桔梗が丘

 身近な地域を実際に歩いて巡る「てくてく歩記」。暑い夏もようやく終わりを告げ、約半年ぶりの掲載となります。今回は、名張市の桔梗が丘住宅地とその周辺を巡る約6・2キロのコースです。(取材・山岡博輝)

名張市の中央部一周 「名張の湯」拠点に7・8キロ


 身近な地域を実際に歩いて巡る「てくてく歩記」。前回に続き、「癒しの里 名張の湯」(名張市希央台)と「癒しの里 伊賀の湯」(伊賀市久米町)で実施している「ラン・ウォーク銭湯」企画を活用し、名張市の中央部をぐるりと巡る約7・8キロのコースを紹介します。(取材・山岡博輝)

「松明調進行事」に同行し、途中から名張へ戻る約17キロ


 身近な地域を実際に歩いて巡る「てくてく歩記」。今回は、3月12日に行われた、名張市から奈良・東大寺への「松明調進行事」に同行し、途中から名張へ戻る約17キロのコースです。(取材・山岡博輝)

名張市東部の滝之原、すずらん台を歩く約6・5キロ


 身近な地域を実際に歩いて巡る「てくてく歩記」。まだまだ寒さの厳しい季節ですが、歩いて体を温めるのも良いのではないでしょうか。今回は、名張市東部の滝之原、すずらん台を歩く約6・5キロのコースです。(取材・山岡博輝)

雪の阿山を歩く 伊賀市北部の7.5キロ


 身近な地域を実際に歩いて巡る「てくてく歩記」。昨秋から間隔が空きましたが、新しい年となり、再スタートを切りました。今回は、伊賀市北部の阿山地区を歩く約7.5キロのコースです。(取材・山岡博輝)

てくてく歩記 初秋の柘植・甲賀を歩く 余野公園~小杉~甲賀市


 身近な地域を実際に歩いて巡る「てくてく歩記」。今回は、伊賀市北東部の滋賀県境に位置する柘植町、小杉と甲賀市の一部を巡る約8キロのコースです。(取材・山岡博輝)

てくてく歩記 秋の訪れ探して歩く 久米川沿いの風景


 身近な地域を実際に歩いて巡る「てくてく歩記」。9月に入り、朝晩は少し涼しくなってきましたが、まだまだ日中の暑さには堪える方も多いことでしょう。暑さの峠は越したと判断し、てくてく歩記を再開します。今回は、伊賀市の中央部を東西に流れる久米川の周辺を歩く約5・7キロのコースです。(取材・山岡博輝)

てくてく歩記 新トレッキングコースを行く

名張 赤目四十八滝・長坂

 身近な地域を実際に歩いて巡る「てくてく歩記」。深緑や季節の花を求めて山歩きに出掛ける方も多い季節です。今回は、3月末に新しいトレッキングコースが設けられた名張市の赤目四十八滝渓谷と、その入口付近に位置する長坂山を歩く約6キロのコースです。(取材・山岡博輝)

てくてく歩記 目に映る晩春・初夏の花々 伊賀・服部町周辺

 身近な地域を実際に歩いて巡る「てくてく歩記」。伊賀盆地では田植えのシーズン、春というよりは初夏らしい気候になってきました。今回は伊賀市の中心市街地から程近い服部町周辺の川沿いを歩く約6・7キロのコースです。(取材・山岡博輝)(取材・山岡博輝)

てくてく歩記 花々に誘われて 服部川南岸を一周

伊賀市 大山田西部を歩く

 身近な地域を実際に歩いて巡る「てくてく歩記」。梅や桜の季節は終わりましたが、まだまだ四季の花々が楽しめる伊賀地域。今回は、伊賀市大山田地区の西部、服部川南岸を歩く約6・8キロのコースです。(取材・山岡博輝)

てくてく歩記 春に歩く山間部の集落

伊賀市 蓮池・喰代・高山

 身近な地域を実際に歩いて巡る「てくてく歩記」。三寒四温、ようやく春本番となり、花粉症でない方には外で体を動かし始めるのに良い時期です。今回は、伊賀市の中央部に位置する友生地区の3つの集落を巡る約7・5キロのコースです。(取材・山岡博輝)

てくてく歩記 住宅地から農村へ

名張・桔梗が丘から北方

  身近な地域を記者が実際に歩いて巡る「てくてく歩記」。今回は、名張市の近鉄桔梗が丘駅から北方に歩いて戻ってくる約6キロのコースです。(取材・山岡博輝)

てくてく歩記 霊山を臨む街道筋

伊賀市北東部・柘植町周辺

 身近な地域を記者が実際に歩いて巡る「てくてく歩記」。2016年最初は、伊賀市の北東端に位置する柘植町をスタートし、東西に歩く約6・5キロのコースです。(取材・山岡博輝)

てくてく歩記 初冬の川沿いを一周

名張市 薦原・川西梅が丘

 身近な地域を記者が実際に歩いて巡る「てくてく歩記」。年の瀬も近づき、朝晩の冷え込みも厳しくなってきましたが、昼間はお出掛け日和になることもしばしばあります。今回は、名張市の薦原地区と川西梅が丘地区の名張川沿いを一周する約8キロのコースです。(取材・山岡博輝)

てくてく歩記 伊賀市北西部をぐるっと一周10キロ

晩秋の島ヶ原 赤や黄に染まる

 身近な地域を記者が実際に歩いて巡る「てくてく歩記」。秋も終盤、赤や黄に染まりだした山々が目に入る時期になってきました。今回は、山に囲まれた伊賀市北西部の島ヶ原地区をぐるっと一周する約10キロのコースです。(取材・山岡博輝)

てくてく歩記 秋晴れの高山ダム周辺

京都府の南端・南山城村

 身近な地域を記者が実際に歩いて巡る「てくてく歩記」。今回は、伊賀地域からもほど近い、京都府南端に位置する南山城村の高山ダム周辺を歩く約6キロのコースです。(取材・山岡博輝)

てくてく歩記 10の橋渡る名張川沿い

さまざまな角度から楽しむ川面と風

 身近な地域を記者が実際に歩いて巡る「てくてく歩記」。真夏の間はお休みしていましたが、過ごしやすい気候となってきましたので再開します。今回は、名張市の中心部を名張川に沿ってぐるりと回り、10の橋を渡る約6キロのコースです。(取材・山岡博輝)

てくてく歩記 変化に富んだ風景

伊賀市  ゆめが丘・友生

住宅地、工業団地から田園地帯、山間地へ

 身近な地域を記者が実際に歩いて巡る「てくてく歩記」。今回は、伊賀市のゆめが丘地区と友生地区西部を巡る約10キロです。住宅団地から工業団地を抜け、農村地帯を順に歩く、風景の変化に富んだコースです。(取材・山岡博輝)

てくてく歩記 名張南部の山間を歩く ②中知山


青蓮寺湖至近の坂上の集落へ

 身近な地域を記者が実際に歩いて巡る「てくてく歩記」。今回は、青蓮寺湖近くに位置する中知山集落を歩く約2・7キロの道のりを紹介します。(取材・山岡博輝)

てくてく歩記 名張南部の山間を歩く ①国津・羽根、神屋


急傾斜地の小集落へ

田植え直前の農村を行く

 身近な地域を記者が実際に歩いて巡る「てくてく歩記」。今回は、名張市の奥座敷・国津地区の北部を歩く約3・5キロ道のりを紹介します。(取材・山岡博輝)

てくてく歩記 高低差少ない 河合川両岸


伊賀市の北端・槙山を一周

 身近な場所を巡るウオーキングコースを、記者が実際に歩いて紹介する「てくてく歩記」。今回は、伊賀市の北端に位置する槙山地区を一周する約5キロのコースを紹介します。(取材・山岡博輝)

てくてく歩記 冬の青山山間部を歩く

桐ケ丘~老川~福川~奥鹿野~西青山駅

霜柱を踏みながら歩いて体を温める

 身近なウオーキングコースを実際に歩いて紹介する「てくてく歩記」。2015年最初は、伊賀市青山地区の山間部を東西に歩く約10・5キロを紹介します。(取材・山岡博輝)

てくてく歩記 絶景の峠道と古くからの集落 

伊賀市神戸地区~古山地区の7・5キロ

 身近なウオーキングコースを実際に歩いて紹介する「てくてく歩記」。今回は、伊賀市南部の神戸地区からひと山越えて、西側にある古山地区までの約7・5キロを歩きます。(取材・山岡博輝)

てくてく歩記 秋晴れの大山田を歩く

平田・富岡・出後・中村・鳳凰寺

 身近なウオーキングコースを実際に歩いて紹介する「てくてく歩記」。少しずつ秋も深まり、ウオーキングや行楽には最適な季節を迎えました。今回は、水田が広がる伊賀市大山田地区の西部、山田地区の約6キロを歩きます。(取材・山岡博輝)

てくてく歩記 あふれる自然と歴史情緒

山あい谷あい10・5キロ 国津地区

 身近なウオーキングコースを実際に歩いて紹介する「てくてく歩記」。3か月ぶりとなる今回は、名張市南東部の山間に位置する国津地区を歩く約10・5キロ。昔から農林業の盛んな国津地区の、山あい、谷あいに点在する小集落を巡ります。(取材・山岡博輝)

てくてく歩記 バスと徒歩での小旅行 山間の小集落「大戸屋」へ

伊賀市高尾~名張市長瀬

 身近なウオーキングコースを実際に歩いて紹介する「てくてく歩記」。今回は、伊賀市南端の高尾から峠を越え、山間の小集落を経て名張市の長瀬に通じる約9・5キロのコースを紹介します。往路、復路も路線バスでの小旅行が楽しめます。(取材・山岡博輝)

てくてく歩記 草花が咲く田園風景 ゆったり歩ける10・5キロコース

水田広がる比自岐地区

 身近なウオーキングコースを実際に歩いて紹介する「てくてく歩記」。今回は、ホタルの名所としても知られ、水田が広がる伊賀市南部の比自岐地区をぐるりと巡る、約10・5キロのコースを紹介します。(取材・山岡博輝)

てくてく歩記 いくつもの池を巡る 初春のウォーキング

伊賀市 西明寺・下友生・荒木

 身近なウオーキングコースを実際に歩いて紹介する「てくてく歩記」。今回は、池が数多く点在する伊賀市西明寺や下友生、荒木などを1周する約7キロの行程を紹介します。(取材・山岡博輝)

てくてく歩記 団地と農村部を巡る 景色の変化に富むコース

名張市百合が丘から赤目町東部を歩く

 身近なウオーキングコースを実際に歩いて紹介する「てくてく歩記」。今回は、名張市の百合が丘から赤目町東部を巡る約6キロです。(取材・山岡博輝)

てくてく歩記 雪の残る阿波地区を歩く

社寺を巡る10・5キロ

 身近なウオーキングコースを実際に歩いて紹介する「てくてく歩記」。今回は、伊賀市東部に位置する大山田の阿波地区の社寺を巡る約10・5キロです。(取材・山岡博輝)

てくてく歩記 ハボタンに彩られたいがまちを歩く

霊山のふもと訪ねる9・5キロ

 身近なウオーキングコースを実際に歩いて紹介する「てくてく歩記」。今回は、伊賀市愛田のいがまちスポーツセンターを発着点に、霊山(標高765・8メートル)のふもとを訪ねる約9・5キロです。(取材・山岡博輝)

てくてく歩記 神社やダム湖を巡る

神社やダム湖を巡る
名張 比奈知・滝之原

 身近なウオーキングコースを実際に歩いて紹介する「てくてく歩記」。今回は、名張市東部に位置する比奈知ダム(ひなち湖)の周辺約12キロを歩きます。(取材・山岡博輝)

てくてく歩記 低山と農村

歩いて感じる歴史
伊賀市・鞆田地区

 身近なウオーキングコースを実際に歩いて紹介する「てくてく歩記」。今回は、伊賀市北部・鞆田地区の約8キロを歩きました。(取材・山岡博輝)

てくてく歩記 晩秋の伊賀~月ヶ瀬を歩く

伝統のマラソンコース沿い 約12キロ
「実りの秋」実感 十数年前思い出し

 身近なウオーキングコースを実際に歩いて紹介する「てくてく歩記」。前回の掲載(610号)から約3か月半経過してしまいました。今回は、伊賀市中心部から奈良・月ヶ瀬までの約12kmを紹介します。(取材・山岡博輝)

てくてく歩記 盛夏の名張北部を横断

名張市鵜山~西田原~南古山
バス&ウオークで地域再発見

 前回からテーマを新たに、伊賀地域とその周辺を走る路線バスやコミュニティバスに乗り、別路線の起終点や停留所を目指して歩きます。普段の車や電車とはまた異なる車窓を楽しみ、身近な地域を再発見してみませんか。2回目は、名張市の鵜山から南古山までの約8キロです。

てくてく歩記 身近な地域を再発見

伊賀市諏訪~音羽~波敷野~馬場
新テーマ バス&ウォーク

「てくてく歩記」は今回から、新しいテーマで再スタートします。伊賀地域とその周辺を走る路線バスやコミュニティバスに乗り、別の路線の起終点や停留所を目指して歩くシリーズです。普段の車や電車とはまた異なる車窓を楽しみ、身近な地域を再発見してみませんか。初回は、伊賀市の諏訪から馬場までの約5キロです。


PR
ベルメゾンネット
三重県伊賀市、名張市の情報
株式会社ユー

伊賀タウン情報YOUトップに戻る