名張市議会事務局は12月4日、定例会の一般質問通告者9人を発表した。日程は8日から10日までの3日間。

 発言者の順番と質問要旨は次の通り。敬称略。

【8日=3人】

幸松孝太郎▼都市振興税の活用など①中期財政見通しの考え方②市民サービスへの影響③都市振興税に特化した事業評価制度④行政のデジタル化▼第二次名張市子ども教育ビジョン後期計画①GIGAスクール構想▼コロナ禍における子育て支援①子ども貧困対策▼国の交付金・補助金などの活用①立地適正化計画②地域公共交通

阪本忠幸▼都市振興税▼各施策の今後の進め方①中学校給食②小中学校トイレの洋式化と施設整備③市立病院の産婦人科設置④下水道移管▼通学路整備▼観光事業

坂本直司▼中期財政計画の策定と運用▼多文化共生センターの今後▼要配慮者利用施設の立地と避難確保計画▼ウィズコロナ、ポストコロナ時代の移住促進▼通学路の安全①自転車通学②横断歩道

【9日=3人】

永岡禎▼名張市の10年後、20年後を見据えて①市長と職員の関係は②三重とこわか国体・三重とこわか大会を契機とした施設整備は③議員や市民からの市への提案は

富田真由美▼今後の財政基盤の確立と財政健全化▼3歳6か月児健康診査の視力検査▼「性の多様性を認め合うまち・なばり」宣言後の取組▼家族介護者支援①ヤングケアラー

足立淑絵▼財政計画①超過課税のあり方②市立病院経営のための基準内繰入れと基準外繰入れ▼駅を中心としたまちづくり①桔梗が丘駅前の活性化▼防災①LoGoチャットの活用②災害時情報掲示板▼GIGAスクール及び新型コロナウイルス感染症に対応した教育環境①3密を避ける環境整備

【10日=3人】

森脇和德▼名張市財政の課題解決に向けて①中期財政見通し②都市振興税③財政非常事態宣言

森岡秀之▼人・農地プランの実質化①人・農地プランとは②今、なぜプランの実質化が必要なのか▼中期財政見通し①投資的経費、市道赤坂夏秋橋線近鉄高架事業経費▼令和3年度予定の三重とこわか国体・三重とこわか大会①正式競技3種目の開催準備状況②公開競技2種目の準備状況

木平秀喜▼コロナ禍における健康づくり①名張ケンコー!マイレージ▼財政運営①超過課税▼財源確保①議員報酬の削減②入湯税③東奈良名張ツーリズム・マーケティング(ENN)の今④職員駐車場⑤ふるさと納税⑥基金の積立て。