鈴木英敬知事と名張市の亀井利克市長の「1対1対談」が11月28日、市防災センター(鴻之台1)で開かれた。新型コロナウイルス感染防止のため、傍聴者数は例年の約半分の100人に限定して開催した。【新型コロナ対策などについて意見を交わす鈴木知事(左)と亀井市長=名張市鴻之台1で】

 テーマは「新型コロナウイルス感染症とインフルエンザ流行に備えた体制整備」と「『ウィズコロナ』と『地方創生』新たな日常に対応した市民・経済活動への支援」の2つ。

 1つ目のテーマで亀井市長は、感染時に困った事や不安だったこと、行政や病院への要望などを感染者が回復した後にアンケート調査し、今後の対策に生かせないかと提案。

 鈴木知事は「感染がわかった時に動揺したり泣き崩れたりする方が多く、慎重に考えてきたが、今回亀井市長から話を頂いたので、次の対策につなげていくためにアンケートをやりたいと思う。具体的には対策協議会で相談したい」とアンケートを実施していく考えを示した。

 2つ目のテーマで亀井市長は、リモート会議などが日常的になり、都市から地方への転出が増えることに触れ、「東京から転出する人への政府の支援金制度があるが、大阪や名古屋からの転出者にも支援金を出して頂けるよう、一緒に国に働きかけませんか」と提案。

 鈴木知事は「対象にすれば三重県にとってメリットが大きい。国への働きかけを足並みそろえてやっていきたい」と応じた。