解散に伴う宇陀市議会議員選挙の投開票が5月3日行われた。定数14に22人が立候補し、前職11人と元職1人、新人2人が当選した。同市議会は3月定例会で高見省次市長に対する不信任案を可決し、高見市長は30日に市議会を解散していた。【宇陀市庁舎=宇陀市榛原下井足】

 立候補したのは前職14人と元職・新人8人。投票率は、72・77%だった2018年4月の前回より7・41ポイント低い65・36%(有効投票数1万6619票)だった。

 開票結果は以下(左から当落、得票数、候補者氏名、投票日時点の年齢、党派・前元新の順)。

 1443 井谷けんじ 54 公前
 1377 山本ゆうき 49 無前
 1157 八木かつひこ 67 共前
 1000 勝井太郎 41 無元 
 860 井戸家まさお 62 無前
 817 田中たけし 56 無新
 812 西岡ひろやす 59 無前
 785 上田のぼる 71 無前
 782 広沢孝英 55 無前
 764 かめい雅之 56 自前
 746 菊岡ちあき 65 無前
 739 松浦りくこ 55 無前
 727 ただよしろう 68 自前
 659 宮田みき 34 無新
  659 宮下公一 65 無前
  656 四日かつひこ 72 無新
  607 奥たかし 51 無前
  571 植林しげあき 63 無新
  463 寺脇けいじ 69 無前
  387 竹田かつじ 48 無新
  313 辻合ゆうじ 54 無新
  295 中村文子 63 無新

※宮田候補と宮下候補の得票が同数となり、くじ引きの結果、宮田候補が当選

 開票結果を受け、高見省次市長は開票翌日の4日、「これからの市政運営に当たっては、新たな議会とお互い切磋琢磨(せっさたくま)しながら、ともに市民生活の向上と宇陀市の発展のために努める所存」とメッセージを公表した。