三重県議会議員選挙が4月7日投開票され、4人が立候補した伊賀市選挙区(定数3)は元職の森野真治氏、現職の稲森稔尚氏と木津直樹氏、3人が立候補し16年ぶりの選挙戦となった名張市選挙区(定数2)は元職の北川裕之氏、現職の中森博文氏の当選が決まった。

 伊賀市選挙区では4期目を目指す元職の森野氏が返り咲き、現職の稲森氏、木津氏がいずれも議席を守った。新顔の川野氏は及ばなかった。

 現職と元職、新顔の三つどもえとなった名張市選挙区では、5期目を目指す元職の北川氏が返り咲き、現職の中森氏が議席を守った。新顔の森口氏は及ばなかった。

 確定投票率は伊賀市が前回より0・6ポイント低い52・38%、名張市選挙区が45・14%だった。

※開票速報は特設ページへ。