上野ふれあいプラザで

 伊賀市は5月16日、岡本栄市長が条例に基づき提出した資産の補充や所得などの報告書を公開した。2017年分の所得は給与が約1302万円、雑所得は年金の約188万円だった。

 昨年12月末現在で所有している不動産は自宅がある生琉里と上野池町の土地7筆約2772平方メートル(約873万円)と建物5棟約391平方メートル(約1236万円)。預金は30万円。自動車や有価証券、ゴルフ会員権はなかった。

 昨年中に取得した100万円超の資産は絵画「柳沢淇園画賛花果図」の1点。岡本市長によると、購入金額は「200万円は超えない」といい、以前から所有する公開対象の美術工芸品は彫刻の「木造阿弥陀如来坐像」などと合わせ計11点になった。

 閲覧場所は同市上野中町の上野ふれあいプラザ2階の市役所情報公開室で、時間は平日の午前8時30分から午後5時15分まで。