伊賀市は10月26日、2017年の10大ニュースを発表した。選定対象は市が直接的・間接的にかかわった出来事で、順位付けはしていない。

▼「忍者市」宣言(2月22日)
▼伊賀鉄道伊賀線が公有民営方式で運行開始(4月1日)
▼3月で廃校したウィッツ青山学園に替わり、神村学園伊賀分校が開校し始業式(4月10日)
▼俳句のユネスコ無形文化遺産登録を目指す推進協議会が設立し、岡本市長が副会長に就任(4月24日)
▼「忍びの里 伊賀・甲賀」が日本遺産に登録(4月28日)
▼三重大学が「国際忍者研究センター」をハイトピア伊賀に開設(7月1日)
▼全国高等学校クイズ選手権高校生クイズ2017で桜丘高校3年生が優勝(9月1日)
▼台風21号で市内に大きな被害。今年から週末開催となったユネスコ無形文化遺産の上野天神祭のダンジリ行事も中止に(10月22日)
▼全国初。空き家バンクを利用して移住する場合、市内全域で1平方メートルから農地取得可能に。バンクがスタート1年余で23件の成約成立、12世帯が移住(11月1日)
▼日本イコモス国内委員会が発表した「日本の20世紀遺産20選」に「伊賀上野城下町の文化的景観」が選ばれる(12月8日)