【相談】 桔梗が丘出身、1児の母。25歳で若年性乳がんを全摘。若年性は進行が早く、転移・再発のリスクも高いと聞き心配です。心の持ち方、日々の過ごし方を教えてください。 (大阪府豊中市、パートタイマー、32歳)

明るく前向きに

【答え】

相談員の広野さん

  一般に35歳以下の乳がんを若年性乳がんと呼びますが、国立がん研究センター(旧国立がんセンター)では40歳と表記しています。

 いずれにしろ、若年でがんを病めば予後が長くなり、再発・転移のリスクが高くはなります。

 ただし、まだまだ近代医学で闘えますので、「若年性乳がんは、予後が悪い」などというネット情報他に振り回されることなく、信じられる主治医と病院の検診を定期的に受け、がんを押さえ込んで共生されますよう。

 病友の例では、23歳で温存術を受け、その後結婚、1児の母となり16年後の今も元気な方。30歳で全摘、リンパ節転移があり、放射線治療の後、ホルモン療法を受けて企業の総務部勤務でがんばる方など、明るい事例が多くあります。

 幸いご家族も協力的とのこと。

 日々のバランス栄養、適当な睡眠、適度の運動・温浴、上手なストレス解消など、予後7年間の生活習慣や生き方の見直しを、改めてしてみてくださいね。

 きっと、「がんになったおかげで……」と喜べることが見つかるはず。

 明るく前向きに、心を強く保って、生きましょう! そのことがあなたの免疫力を高め治癒力を強くしてくれますよ。

(名張市がん・難病相談室専任相談員 広野光子)

 【名張市がん・難病相談】 相談は毎月第3土曜日(2010年7月は17日)の午後1時~午後4時。名張市勤労者福祉会館1Fの小会議室。0595-63-5515

伊賀タウン情報YOU 2010年7月前半(535)号」より