【天守閣1階の高虎像を指す「た伊賀ーくん」=伊賀市上野丸之内で】

 戦国から江戸時代初期にかけての武将・藤堂高虎ゆかりの伊賀上野城(伊賀市上野丸之内)のイメージキャラクターとして2013年に誕生した「た伊賀ーくん」。初めて迎える寅年を前に「虎らしい力強さで伊賀や日本を元気にしたい!」と意気込んでいる。

 同城を管理する伊賀文化産業協会が、翌年のイベントに向けて企画し、一般公募で選ばれた。頭に城を載せた可愛らしい虎の姿で、長身だったという高虎にちなみ、着ぐるみは身長約190センチと大柄だ。

 新型コロナの影響でここ2年は出番が少ないが、子どもや城郭の愛好家などを中心に根強いファンがおり、城や伊賀地域のPRだけでなく、交通安全啓発や地域のイベントにも声がかかる。寅年はこれまで以上に出番が増えるのではと、同協会のスタッフも期待を寄せている。

2021年12月25日付810号1面から