【小型無人機を寄贈する大黒社長(右)=名張市役所で】

 三重県名張市の名張近鉄ガス(桔梗が丘1)は11月26日、災害発生時の情報収集などに活用する小型無人機(ドローン)1台を同市消防本部に寄贈した。

 寄贈したドローンは、展開時の長さ約30センチ、幅約25センチの折り畳み式。高解像度カメラを搭載した機体で、上空から写真や動画の撮影などを行い、行方不明者の捜索や被害状況の把握ができる。市では今年から、総合防災訓練の一環でドローンの情報収集訓練を実施していた。

 市役所であった贈呈式で、同社の大黒賢宏社長は「お世話になっている日頃の感謝を伝え、災害時の被害を最小限に抑えられたら」と話し、亀井利克市長は「防災訓練でドローンの活躍の様子を拝見していた。有事の際に大きな戦力になると確信している」と話した。