【水ぐもを使った修行紹介の写真(提供)】

 三重県名張市赤目町長坂の赤目四十八滝渓谷にある「忍者の森」で10月10日、「第12回忍者選手権大会」が開かれる。主催するNPO法人「赤目四十八滝渓谷保勝会」が、ホームページで参加者を募集している。

手裏剣を使った修行紹介の写真(提供)

 忍者衣装を着て手裏剣投げ、壁登り、水ぐもを使った渡河、当日発表の新種の修行など14のアトラクションを楽しみながら競う。高得点を獲得した人は忍者などに関する限定賞品がもらえる。

 忍者の森での通常の修行体験は90分だが、大会では同じ料金で倍の180分の体験ができる。

 大会は午前10時半開始で、対象は4歳以上(子どものみの参加は7歳以上)。料金は小学生未満2200円、中学生以下2700円、大人3000円。定員100人。

 ホームページは(https://www.akame48taki.com)。

 問い合わせは同保勝会(0595・64・2695)まで。

2021年9月25日付804号21から