四日市市は8月4日、市内に住む中学生からら70代の男女18人が新型コロナウイルスに感染していることが判明したと発表した。市内の感染者は延べ1349人、三重県内は延べ5961人となった。

 発表によると、18人中14人は感染経路が不明。4人は家族や県外の感染者の濃厚接触者として検査を受け、感染が確認された。

 40代の会社員男性は7月28日に微熱や頭痛、関節痛の症状があった。7月29日から8月1日に出勤していて、現在、濃厚接触者などの調査が進められている。20代の会社員男性は7月30、31日に県外の知人宅を訪問、8月3日に発熱の症状があり、同日に検体を採取し、検査の結果、感染が確認された。

 女子中学生は7月31日に発表された女子中学生の濃厚接触者として検査を受け、感染が確認された。家族3人が濃厚接触者に特定されている。20代の会社員男性は、県外感染者の濃厚接触者として検査を受け、感染が確認された。8月2日から、せき、味覚、嗅覚障害があったという。同居人1人が濃厚接触者に特定されている。
 
 また、県外の保健所からも、市内在住の40代の会社員男性2人の感染が報告されている。

 同市内の感染状況は7月29日から8月4日の1週間で98人、前週比増加率は181パーセント、人口10万人当たりの感染者数は31・6人で、国の指標で「ステージⅣ」の感染爆発段階となっている。