四日市市は6月14日、30代男性会社員1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。市内の感染者は5日以降、一桁で推移し、減少傾向が続いており、延べ感染者は1136人になった。

 発表によると、男性は11日に陽性が判明した70代パート従業員女性の同居家族。無症状だったが、濃厚接触者として検査を受け、13日に陽性が判明した。職場関係者2人が接触者として特定されている。