観光地や町並み、歴史などを案内するガイドとともに名張市内を巡る催し「ボランティアガイドと歩こう」が、4月から12月まで計6回開かれる。昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で3回にとどまり、定員も減らしたが、今年は感染防止対策を徹底し、定員も昨年同様60人から45人に減らして実施する。

 全て火曜開催で、募集は前半3回分を2、3月に、後半3回分を8、9月に行う。参加費は各回200円(保険料含む)。参加回数によって特産品が当たる抽選会もある。申し込みは先着順。

 日程、内容は次の通り。

▽4月6日 春の勝手神社から名張を望む(約6キロ、昼食持参)
▽5月11日 旧伊賀線跡を歩こう(桔梗が丘‐名張)(約5キロ)
▽6月15日 ささゆり咲く深野を訪ねて(約11キロ、昼食持参)
▽10月12日 箕曲地区の古代から近世の歴史を知る(約8キロ)
▽11月2日 シャックリ川源流と東山公園(約6キロ)
▽12月7日 赤目地区の古墳を巡る(約8キロ)

 申し込みは、はがき(〒518‐0713名張市平尾3225の10)、ファクス(0595・48・6006)、電子メール(info@kankou-nabari.jp)で名張市観光協会へ。

 問い合わせは同協会(0595・63・9087)へ。

2021年2月13日付789号16面から