三重県の伊賀市議会定例会は3月10日、この日提案された新型コロナウイルス感染症の追加対策など2021年度補正予算案約3・5億円を始め、同年度当初予算案425・5億円や20年度補正予算案など議案46件を原案通り可決、同意し閉会した。

 21年度の追加補正のうち、プレミアム付食事券の発行事業約7600万円は、在勤や在学を含む地元市民が5月末から8月末まで市内の飲食店全てで利用でき、500円券10枚(地元店専用6枚、チェーン店共通4枚)を1セットに3000円で販売。希望者は往復はがきで応募する。

 また、市への誘客キャンペーンとして、市内の宿泊・観光施設で利用時に発行された支払額合計1万円の領収書を集め応募した先着1000人に同券を贈る。事業費は500万円で、対象期間は4月から8月末まで。

 他の主な事業は次の通り。

▼事業継続応援給付金(第2弾)2億円=21年3月から9月のいずれかの1か月で売上高が前々年同月比30%以上減少した事業者らに対し、一律20万円を給付する。総定数は1000件で、申請受付は4月から10月29日まで。

▼感染防止対策実施店ステッカー交付事業15万7000円=「新しい生活様式」に対応した取り組みの実施事業者にステッカーを交付

▼店舗改装促進事業補助金3000万円=10万円以上の工事などに要した経費のうち対象経費の5分の4を補助、1店舗につき上限30万円

▼豚熱再発防止ワクチン接種支援事業380万円=市内で豚熱(CSF)が発生したことから、未然に防止するとともにコロナ禍で経営に影響を受けている市内の養豚農家らを緊急的に支援するため、2021年度に限りワクチン接種費用の一部(3分の2以内)を補助する