【販売する野菜を紹介する森中さん=伊賀市で】

 三重県伊賀市上野東町の天神横丁でオープンした農作物の販売店「農の匠」。昨年、閉店した直売所を惜しむ声が多かったことから、パート従業員だった森中明由美さん(50)が屋号を譲り受け、「地域になじむ店にしたい」と奮闘している。

 昨年10月末に、温浴施設「伊賀の湯」(同市久米町)が閉店になったことで、併設する直売所も無くなることが決まった。常連客からは「寂しい」などの声が上がったことから、オープン後14年間勤めた森中さんが「地域を盛り上げよう」と一念発起。昨年末に同所に店を構え、1人で切り盛りする。

 店内には季節の野菜や果物を中心に、伊賀米やパン、花なども並ぶ。伊賀と名張の農家約20件と委託契約を交わしており、新鮮な農作物が毎朝届けられる。

 利用客からは、入荷商品のリクエストを受け付けることもあるそうで、「店員とお客さまの距離が近いことが、直売所の良いところ」とニッコリ。近所や前の店からの常連客と、おすすめ商品や調理方法について会話を楽しむ。

 森中さんは「ちょっとした要望にも応えられるような店を目指して、もっと多くの人に利用してもらえるように努力したい」と意気込んだ。

2021年2月27日付790号11面から