生活安全課長 池田敏郎

 2020年中に三重県内で発生した特殊詐欺は122件(前年比30件増)、被害額は約4億2820万円(同約2億8590万円増)でした。また、本年1月に県内で発生した特殊詐欺は11件(前年同月比4件増)、被害額は約1320万円(同約1480万円減)です。11件中の9件は還付金詐欺で、2件(被害額約250万円)は伊賀市内の発生です。

 特殊詐欺被害に遭わないために、被害防止に関心を持ち、ニュースや新聞などで最新の情報を知るよう心掛けてください。不審な電話やメールがあれば、まず家族や警察などに相談しましょう。また、新型コロナウイルスワクチン予防接種の予約などを装う新たな詐欺手口にも注意してください。

サイバーセキュリティ月間

 毎年2月1日から3月18日までの期間は「サイバーセキュリティ月間」です。テレワークやスマートフォン利用者は、次の点に注意してください。

▼複雑なパスワードや多要素認証を使い、端末やソフトはアップデートしてセキュリティーを強化する。また、業務を装ったメールや不審メールの他、通信の暗号化に注意する。

▼OSやアプリケーションは常に最新の状態にし、ウイルス対策ソフトを利用する。また、利用するアプリケーションは信頼のおけるサイトから入手し、機能などをよく確認する。

 以上、よろしくお願いします。

2021年2月27日付790号22面から