三重県伊賀市が国の補正予算を活用し、新型コロナウイルス感染症で大きな影響を受けている地元経済への支援策として実施したプレミアム付商品券「忍法元気回復の巻」が、2月28日で利用期限を迎える。1月末時点で1枚1000円の総発行枚数が約44万7000枚に上り、うち16%に当たる約7万枚(7000万円分)が未利用だという。

 同商品券事業実行委員会事務局の上野商工会議所によると、総発行枚数は市民向けと保育園(所)児向け、2月末まで販売している観光客向けの3万5105枚(1月末現在)の合計数。市では「期限を過ぎると一切利用できず、払い戻しも不可なので、期限内に使って」と呼び掛けている。

2021年2月13日付789号22面から