四日市市は11月20日、市内に住む20代の男性会社員1人が新型コロナウイルスに感染していることが判明したと発表した。同市内の感染者数は延べ133人、県内では延べ667人となった。

 発表によると、男性は18日に胸苦しさや関節筋肉痛が出現。19日に38度の発熱と頭痛の症状があり、市内の医療機関を受診。抗原検査の結果、陽性が確認された。現在は関節筋肉痛は消えたが、37度台の発熱やのどの痛み、頭痛の症状はあり、県内の医療機関へ入院調整中。

 市によると、男性は県内で製造業に従事。8日に友人2人とスポーツをし、14、15日には名古屋市内の飲食店で友人と食事。16日から19日は出勤していた。日常的にマスクを着用し、外出時は自家用車を利用していたという。現時点で特定されている濃厚接触者は家族2人と近所に住む親族3人となっている。