犯罪や非行防止、更生への援助の理解を呼び掛ける法務省主唱「第70回 社会を明るくする運動」の小中学生対象の県作文コンテストで、名張市立名張中2年の永野由華さん(14)が最高賞の県推進委員会委員長(知事)賞、同市立桔梗が丘中3年の生田初さん(14)が県教育長賞を受賞した。2人は11月19日に同市の亀井利克市長を訪れ、報告した。【県作文コンテストの表彰状を手にする永野さん(左)と生田さん=名張市鴻之台1で】

 永野さんは、父親の同級生が親族からの愛情を受けて更生した話や、小学生の時に電車で出会った見た目の「怖い人」が子どもに対し優しく声を掛ける様子を見た体験を思い返し、家族や周りの人からの愛情の大切さを原稿用紙5枚につづった。

 生田さんは、児童誘拐防止には「あいさつ」が大切で、インターネット上での誹謗中傷の抑止には「自分の言葉を発信前によく確認すること」が重要だと考えを作文にまとめた。

 永野さんは「受賞できてとてもうれしい」、生田さんは「訴えたいことが伝わって良かった」と喜びを語った。報告を受けた亀井市長は「名張にとってこれまでにない快挙。とても誇らしい」とたたえた。

 2人の作文は県の代表として、全国審査にも送られている。