伊賀市長選挙の開票作業が11月8日、県立ゆめドームうえの第1競技場(ゆめが丘1)で始まった。確定投票数は2016年の前回選挙より4・95ポイント低い52・83%だった。午後10時30分から同11時ごろに大勢が判明する見通し。【始まった開票作業=伊賀市ゆめが丘1で】

 立候補者は届け出順に、新顔で日本共産党公認の元障害者施設職員、釜井敏行氏(38)、3期目を目指す現職で無所属の岡本栄氏(69)、新顔で無所属の元伊賀市議、森川徹氏(43)の3人。

 市選挙管理委員会は午後10時に1回目の開票速報を発表し、以降は30分ごとの予定。

※開票速報は特設ページへ