伊賀上野ケーブルテレビ(小坂元治社長)は10月6日、創立30周年を記念し中心市街地にある文化、観光、スポーツ施設など約60か所に無料の公衆無線LANアクセスポイント「ICTフリーWi-Fiスポット」を整備し、簡単に接続できるアプリも配信を開始したと発表した。【接続用アプリ「ICTコネクト」の(左から)ホーム画面、Wi-Fi接続画面、情報カメラ画面=同社提供】

 本社は伊賀市緑ケ丘南町で、営業エリアは旧青山町(現伊賀市青山地区)を除く市内全域。上野ガスなど地元企業の他、市も資本金の1・86%に当たる900万円を出資している。

 同社によると、既に整備したアクセスポイントは、6日現在で40か所。残りは年内に設置完了を予定しているという。接続用アプリ「ICTコネクト」は、地元の祭りや花火、選挙など自社番組のライブ配信を始め、市内の主要道路や河川の映像情報、地域のグルメやイベント情報の紹介サイト、防災に役立つリンク集が無料で利用できる。

 スマートフォンなどで利用するにはアップルまたはグーグルのアプリストアから「ICTコネクト」で検索し、インストールする必要がある。担当者は「今後もアクセスポイントの拡大やアプリのコンテンツ充実など利便性の向上を図って中心市街地の活性化や地域の防災・減災に役立てたら」と話した。

 問い合わせは同社(0120・959・734)へ。