名張市は9月7日、国民1人あたり10万円を支給する特別定額給付金について、対象世帯の99・8%にあたる3万4455世帯から申請があったと発表した。

 8月25日消印有効で受け付け、9月4日に最終振り込みが済んだ。支給総額は77億9080万円となった。

 市定額給付金事務局によると、未申請は68世帯で、うち辞退の意志があったのは12世帯。17世帯は郵便が返送され居住実態が確認できなかった。