伊賀地域ゆかりの作家の顕彰活動などに取り組む伊賀文学振興会は、同地域を題材にした「物語」や「エッセー」を募集する「マイ・ストーリー伊賀」を開催する。コロナ禍でも自宅から参加できるイベントとして初めて企画した。

 小学生、中高生、一般の3部門があり、400字詰め原稿用紙で小学生は3枚程度、中学生以上は5枚程度で、本文の最初の行に題名を記す。文書データも可能で、日本語の未発表作に限る。国籍や住所は問わない。

 審査は芥川賞作家で上野高OBの伊藤たかみさんらが務め、各部門、最優秀賞1編、優秀賞2編を選び、副賞として図書カードを贈る。結果発表は来年2月で、入賞作は作品集としてまとめる予定。

 作品には表紙を付け、形式(物語もしくはエッセー)、題名、氏名、年齢、連絡先(児童生徒の場合は学校名と学年)を記入し、「〒518‐0873伊賀市上野丸之内117の13 伊賀市文化交流課内 伊賀文学振興会」宛てに郵送する。PDFを電子メール(bunka@city.iga.lg.jp)で送信するのも可。10月31日締め切り。

 問い合わせは同課(0595・22・9621)まで。

2020年8月8日付777号15面から