三重県高校野球夏季大会(県高野連主催)は7月12日、県内3球場で1回戦計8試合が行われ、昨秋の県大会を制した近大高専は、先制したものの追加点が奪えないまま逆転満塁本塁打を浴び、津工に3‐6で初戦敗退。初の公式戦となった神村学園伊賀は紀南と対戦し、一度は同点に追いつくも4‐8で敗れ、初陣は飾れなかった。【津工-近大高専 8回に満塁本塁打を浴び、ぼうぜんとする近大高専の投手・箕延君(手前)=伊勢市楠部町のダイムスタジアム伊勢で】

 近大高専は初回、白石晃大君(3年)の内野安打で先制し、2回にも古田光君(同)の右前への二塁打で3点をリードするが、3回以降は津工の継投に散発3安打と攻めあぐねる。先発した箕延寛人君(同)が7回につかまり、失策と犠飛で1点差とされ、8回には失策や四球などで塁を埋められ、相手の4番に満塁本塁打を左翼席へたたき込まれ、試合を決められた。

1回裏近大高専二死3塁 白石君が先制の適時内野安打=同

 試合後、近大高専の重阪俊英監督は「この1年間、(箕延・白石の)2本柱でやってきて、初戦は2人のうちどちらかと考えていた。3年生には『ありがとう』と『申し訳ない』と伝えたい」と言葉を振り絞った。完投した箕延君は「(満塁本塁打は)内野ゴロを打たせようとしてストレートが逆球になった。まだ試合は終わっていないと切り替えようとしたが……」と悔やんでいた。

神村学園伊賀-紀南 神村学園伊賀の大川君(左)、東山君のバッテリー=同

 1年生12人で臨んだ神村学園伊賀は、2回に主将の森中虎鉄君がチーム初安打となる二塁打で出塁。裏に適時打と失策で2点を先制されるが、4回に鳥井滉生君、大山歩夢君の連続適時打で同点とする。しかし5回、中軸に4連打を浴びて4点をリードされ、6回に再び2点差に迫るも振り切られた。守備陣は失策が目立ったものの、併殺を2つ奪うなど見せ場は作った。

神村学園伊賀-紀南2回 紀南・川畑君の二ゴロが失策を誘う間に走者・奥田君(7)が生還(捕手・東山君)

 神村学園伊賀の坂田将太監督は「やっと試合ができたということより、勝利に導いてあげられなかった気持ちが強い」、チーム初安打を放った主将の森中君は「チームの流れを変えたいと思って打席に入った。リードされても食らいついていけたのは収穫。勝負強い打撃や送球などを磨いていきたい」と話した。

 18日に行われる伊賀地域の学校の試合予定は次の通り。

▽あけぼの学園・志摩‐名張青峰(正午、県営松阪球場)

試合結果・予定などは「伊賀・名張の高校野球応援ブログ」(http://blog.livedoor.jp/iganabari_baseball/)に掲載予定(速報ではありません)