着物のリフォーム、手染めの生地、柿渋染めなどを使って服飾品の手作りを楽しんでいるグループ「工房あい」の作品展が、7月4、5日に伊賀市上野向島町で開かれる。入場無料。【出展予定の作品を紹介する奥谷さん(右)とグループのメンバー】

 市内在住の60、70代の女性10人ほどが月に1回、工房を主宰する奥谷愛さん(87)方に集まり、会話を弾ませながら針を進めている。年に1回開く作品展は、今年も6月上旬を予定していたが、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で1か月遅れとなった。

 会場となる奥谷さん宅には、柿渋染めや蚊帳などを生かした作品や、手描きTシャツ、一閑張など、渋めのものから鮮やかな色合いのものまで計70点ほどが並ぶ予定。

 奥谷さんは「メンバーが一生懸命作った今年の新作をぜひ見に来て」と話した。

 両日とも午前9時から午後5時まで。付近の安立寺駐車場が利用できる。

 問い合わせは奥谷さん(0595・21・0681)まで。

2020年6月27日付774号17面から