名張市は6月19日、事務手続きを怠ったなどとして、都市整備部の男性主幹(55)を地方公務員法違反で戒告の懲戒処分にしたと発表した。発令は同日付。

 市によると、主幹は係長を兼ねていた昨年7月に起きた市道の管理瑕疵事件で、示談交渉の内諾後に進めるべき事務処理を数か月放置したなどとされる。