名張市経済好循環推進協議会が、市内の老舗や新店を紹介する無料冊子「とこしえ」を発行した。A5判カラー42ページで、市役所や図書館、掲載店などで1万2500部配布している。【配布されている無料冊子「とこしえ」=名張市役所で】

 同協議会の前身、産業チャレンジ支援協議会が昨年1月に発行した「名張cocon」の続編で、今回は後継者選びや家族経営などに焦点を当てた。

 掲載店は昨夏に公募した製菓、飲食、鮮魚店など創業30年以上の老舗18店の他、新規創業したカフェなど10店で、店の歩みや経営者の思いなどを交えながら紹介。「残したい人、継いだ人の心の内」と題した特集ページでは、事業を継ぐ側と継がせる側双方の思いをインタビュー形式でまとめている。

 協議会の担当者は「冊子を手に取って頂き、名張の魅力発見のきっかけにしてもらえたら」と話している。

 問い合わせは市経済好循環推進協議会(0595・63・2143)まで。